自己PRを一言で魅力的に表現する方法 | 新卒就活.com

2015/12/24更新

自己PRを一言で魅力的に表現する方法

自己PRを一言でアピールする方法をご紹介します。
ですが、自己PRを一言でまとめるにはポイントがあります。そのポイントに気をつけておかないと、この重要な部分で大きくポイントを落としてしまうでしょう。そうならないように以下で、自己PRで一言で自分をアピールする際のポイントを確認しましょう。

自己PRを一言でアピールする方法1,短いフレーズで表現する

woman-801711_960_720
一言と言っているのですから、ここの部分があまりに長くなってしまうというのは良くありません。
ここは本当に一言で表現しないとならないところなのです。自己PRの冒頭で一言でアピールポイントを述べることで、のちの文章が読みやすくなるのです。
それなのに長くダラダラと何が言いたいのかわからないことを書いたら、意味がありません。
自己PRの最初の一言は、本当に一言で表現するように注意しましょう。

●10字程度で自己PRを表現すること!

具体的には、10字程度にまとめられると良いでしょう。「私のアピールポイントは~です。」という部分は文字数に含まないので良いので、それを脱いて、10字程度にはおさめられるようにしていってください。
それくらいならきちんとこの部分が道しるべとなり、その後の文章の読みやすさをプラスしていってくれることでしょう。

自己PRを一言でアピールする方法2,被りやすい言葉は避ける

自己PRでの最初の一言というのは、その自己PRの要約でもあります。そこで人とかぶってしまう言葉で表現してしまうと、「この自己PRも良くある自己PRか」と思われて印象が悪くなってしまうのです。
別段コピペしたわけではなくとも、コピペ的な印象を持たれてしまうのです。
それは損ですよね。ですからそうならないようベタな言いまわしは避けて、自分の言葉で表現してみると良いでしょう。

●言葉を言い換えてアピールする必要がある!

ではどういう一言だと人とかぶりやすいのでしょうか。人とかぶりやすいのやはり、「コミュニケーション能力が高い」ですとか「協調性がある。」「好奇心旺盛」「何事もあきらめない」などですね。
アピールポイントはかぶっても良いのです。
ただ単に、この一言がかぶるというのが良くないというだけですので、こういう言葉を使わずにきちんと言い換えて自己PRしていってください。

自己PRを一言でアピールする方法3,キャッチーな言い回しをする!

キャッチーないい回しをするというのもとても大切です。
自己PRでの文頭に来る一言というのは、言いかえれば雑誌の見出しです。雑誌で、見出しがキャッチーでないと、なんとなく読む気がしなくなりますよね。それくらいに見出しをキャッチーにするというのは重要なのです。
そこをキャッチーにできれば、最初の一言で印象を良くすることもできるでしょう。

●カタカナと日本語を混ぜると自然とキャッチ―な言い回しができる!

ではどうすればキャッチーな一言を自己PRの冒頭に入れることができるようになるでしょうか。
キャッチーな一言でアピールするのに最も簡単な方法は、カタカナと日本語を混ぜるという方法です。
カタカナ英語とひらがな、漢字を混ぜると、自然と言葉はキャッチーになっていくのです。

これが一番簡単でしょう。それを意識して、最初の一言を考えてみてください。

自己PRを一言でアピールする際は短いフレーズでキャッチ-な言い回しを考えよう!

以上、自己PRで一言で自分をアピールする際のポイントのご紹介でした。
これらのポイントをおさえていけば、自己PRの最初の一言で、きちんと目を引くことが出来るようになり、自己PR全体の印象がよくなることでしょう。
ぜひしっかり意識して作成していってください。