自己PRを箇条書きで書く際の注意点 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

自己PRを箇条書きで書く際の注意点

自己PRを箇条書きで書く際の注意点をお教えします。自己PRを箇条書きにすると採用担当者には読みやすいですよね。しかし、書き方を間違えると相手にとって理解しがたい自己PRになるかもしれません。就活生は、今後の就職活動をスムーズに進めるためには必見のページです。

自己PRを箇条書きで書く際の注意点1,3点以上述べること

colored-pencils-179167_1280

自己prを箇条書きで書く際の注意点としてまず一つ言えることが、必ずアピールポイントを3点以上のべるようにするということです。箇条書きで書くということは、見やすくて読みやすくなるということです。

~1・2点では同じ内容を書いていてもあまり熱意が伝わらない!!~

そこでもしアピールポイントが1つ2つしかないと、スッキリしすぎてしまい、同じ内容を書いていてもあまり熱意が伝わらなくなります。

ですから自己prを箇条書きにする際には、かならず「集中力に優れいてる」「コミュニケーション能力に優れている」「粘り強い」などといったように3点以上はアピールポイントをもりこむようにしていきましょう。

自己PRを箇条書きで書く際の注意点2,必ず補足説明をつける

当たり前と言えば当たり前のことではありますが、自己PRを箇条書きで書く際には、必ず補足説明を書く必要があります。

補足説明もなしにただただ箇条書きにされている自己prを見ても、「やる気がないのかな?」と思われてしまうだけです。

~自己PRにはそれを証明する具体的なエピソートを必ず記載すること~

「コミュニーション能力が高い」と書いたらその横や下に、それを証明する具体的なエピソードを必ず記載するようにしてください。

それがないと人の能力というのはなかなか伝わらないものです。ですからかならず、「あの時にこんなことがあって、こんな状況をこんな風にして対処した。だから私はこの能力がある。」と具体的なエピソードを、アピールポイントすべてに付けるようにしてください。

自己PRを箇条書きで書く際の注意点3,仕事の何に活かせるか記載する

自己PRを箇条書きにする際についつい忘れてしまうのが、そのアピールポイントが仕事のどんなところに活かせるのかという説明をすることです。
アピールポイントだけアピールされてもそれが仕事のどんなところに活かせるかが分からないと、それはあまり魅力的にはうつらないものです。

箇条書きでアピールポイントをかいたら、自己PRの最後にまとめのように、ここはこの仕事のこんなところに活きるということを説明してあげてください。

~働くイメージがすでにできているということで評価が上がる!!~

具体的に仕事のどんなところに活かせるかを考えているということかが伝われば、能力が魅力的にうつるだけではなく、働くイメージができているということでも評価が上がるでしょう。見栄えも良くなりますし、最後には必ず、アピールポイントが仕事のどこに活きるのかを説明してください。

自己PRを箇条書きにする時には3点盛り込む事!!補足説明も入れる

自己PRを箇条書きでかく際の注意点としては以上になります。ここで紹介してきた注意を守れば、箇条書きの自己PRというのは、見やすくてわかりやすいので、良い自己PRとなるでしょう。しかし、もしこれらの注意点で守っていない箇所があるとなると、それだけで弱い自己PRとなってしまいます。

自己PRが弱いというだけではなく、ちょっと横着した人物という性格的にマイナスのイメージもついてきてしまうことになります。

ですから最低限にここで紹介してきた注意点は守るようにしてください。せっかくの工夫なのですから、きちんとプラスに働かせましょう。