自己PRを魅力的にする3つの書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRを魅力的にする3つの書き方

自己PRを書く際にはちょっとしたコツがあります。そのコツを知らないで書くと、同じ内容の文章でも読みやすさに大きな差がでて、印象が大きく異なってくることでしょう。
そこでここでは、エントリーシートへの効果的な自己PRの書き方のコツ
を紹介していきます。

自己PRの書き方1,まずは結論から

fountain-pen-447576_960_720
エントリーシートへの効果的な自己PRの書き方のコツとしてまずいえることは、まず最初にアピールするべきポイントを書くようにするということです。
最初にそのアピールするべきポイントを示してあげることで、その後の文章がそのアピールポイントを補足していることが分かりやすくなり、グッと読みやすさが増すのです。
ですから、効果的な自己PRの書き方としては、先にアピールポイントを示すということが言えるのです。

●アピールポイントはなるべく短く作成しよう!

また、そうして文全体の読みやすさを示してあげるために、先にアピールポイントを述べていくのですから、頭で示すアピールポイントというのは、なるべく短い言葉でしめすようにしないとなりません。シンプルに「私のアピールポイントは○○です」という書き方で示すようにしていきましょう。

自己PRの書き方2,根拠となるエピソードを書く

そうしてアピールポイントを示していったら、次には、それを持ち合わせていることを証明するエピソードを書いていくという書き方が適切です。
自己PRでのアピールポイントは、ただあるとだけ言われてもいまいち信用できません。
ですから、必ずエピソードで、それがあることを証明しないとならないのです。


●エピソードにはなるべく数字を用いること!

そんな自己PRでのエピソードには、なるべく数字を用いるようにすると良いでしょう。数字を用いることで、さらにエピソードに客観性が出てきて、その能力の度合いがだれでも共通のレベルに認識できるようになるのです。レベルが共通に認識できるようになればこちらの意図通りに能力をアピールできるようになるでしょう。ですから、「1だったものを10にした」というように数字を用いた書き方をするというのもすごく大切です。

自己PRの書き方3,仕事への活かし方を述べる

そうして自己PRを書き方で進めていったら、最後にはその能力の仕事への活かし方を述べるという書き方で締めるのが適切です。
最後にそれを締めそうとすることで、「私のこの○○という点は、○○に活かせる~」といったような書き方で、もう一度その能力をアピールすることができるようになるのです。
さらに、こうした書き方のいいところをそれだけではありません。

●仕事への熱意が高いと思われる

そうして仕事への活かし方まできちんと考えているということで、仕事への熱意が高いと思われるのです。
ただ能力があるだけでなく、それの活かし方までイメージできているとなれば、熱意が高いと思われるのも当然ですよね。そういういいところもあるので、自己PRの最後はこうした書き方で締めましょう。

自己PRを仕事へ活かす書き方をすると熱意もアピールできるので効果的!

以上、エントリーシートへの効果的な自己PRの書き方のコツのご紹介でした。こうした書き方で自己PRを書いていくと、同じ内容の文章であっても2割増し3割増しで印象がよくなるでしょう。構成というのはすごく大切なのです。是非参考にしてみてください。