自己PRカードの書き方のポイントとは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

自己PRカードの書き方のポイントとは

自己PRカードの書き方をお教えします。面接前に書くことの多い自己PRカード。書き方が分からない人も多いのではないでしょうか。今後の選考でも使用されることが多いので、自己PRカードはしっかりと書けるようにしておきましょう。就活生は必見のページです。

自己PRカードとはどういったものか?

apple-16672_640

就職活動で企業にエントリーするとき、自己PRカードの提出が必要になる場合があります。

この自己PRカードとは、自分自身を企業にアピールするために必要なカードで、自己PRカードの書き方次第で企業や面接官への印象も大きく変わってくることになります。

~自己PRカードではいかに自分を客観視した簡潔で分かりやすいアピールを書けるかが大事~

自己PRカードが無い企業の場合、提出するプロフィールに自己PRを記載するばあいもありますので、記載する内容には注意が必要となってきます。

自己PRカードの書き方で重要なのは、いかに自分自身を客観的にとらえることができて、その内容を簡潔で分かりやすくアピールできるかとなります。

自己PRカードでNGな内容とは?

自己PRカードの書き方で重要なのは、自分の長所やセールスポイントをいかに企業側にアピールできるかということです。

しかし自己PRカードの書き方には、書き方次第で全く相手の企業に響かない場合もあります。

~社会人としてアタリマエな事を自慢げにアピールするとマイナスイメージになる~

例えば、内容があやふやでちぐはぐな場合、抽象的な内容ばかりで実態がつかみにくい内容、そして社会人として出来て当たり前の内容を自慢げにアピールする内容などは、企業へのアピールにはならずむしろマイナスとなる可能性も秘めた内容となってしまいます。

必要なのは実体のある分かりやすいないようですから、こういったことが出来ると言い切った内容のほうが、好感を持ってもらえるといえます。

自己PRカードには長所も短所も記入をすること

自己PRカードの書き方で多いのが、長所ばかりをずらずらと羅列してしまい、自己PRカードがただの自慢話で埋まってしまう場合です。

このような書き方は本来NGと言え、長所をアピールしたいのは分かりますが短所もきちんと把握して記載する必要があります。

短所となるとなんとなくマイナスイメージが付きまといますが、企業側にしてみればその短所が長所に生まれ変わる可能性も秘めているわけですから、長所も短所も必ず記載するほうが良いでしょう。

~自分が短所だと思っている部分が企業側には長所になりうる!!~

気が短いという短所は迅速に動くと言う長所になり得ますし、物事に動じないという長所は、おっとりとしているという短所にもなり得るわけです。

そのため自分で長所と思っている部分、短所と思っている部分が企業側には逆という可能性もありますので、長所を生かした内容とこういった短所もあるけれどそれはこういった場合に生かせるという内容で自己PRカードを書くと印象がアップするでしょう。

自己PRカードはあくまでも選考の一部!!正直な内容を記載すること

自己PRカードの書き方に注意が必要なことは分かったと思いますが、自己PRカードの書き方で面接がすべて決まるわけではありませんし、自己PRカードの内容がヘタであっても、熱意が伝われば印象が良くなるということもあり得るわけです。

自己PRカードはあくまでも選考における書類の一部であって、それが全てではありませんから、最も重要なのは自分自身を面接などの場でいかにアピールできるかです。

最近では自己PRカードの内容を盛るといった行為も増えているようですが、盛った内容は面接などで必ず嘘だと分かりますので、正直な内容で自己PRカードを書くのが一番だと言えるでしょう。