自己PRカードの絶対に失敗しない書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRカードの絶対に失敗しない書き方

自己PRカードには、印象を良くする書き方があります。そうして的確に印象を良く出来る自己PRカードの書き方をしていかないと、上手くアピールできずに、貴重な自己PRの機会を無駄にしてしまうこととなるかもしれません。
そこでここではそうならないように、印象を良くする自己PRカードの書き方を紹介します。

自己PRカードの書き方1,アピールポイントを1つに絞る

office-941302_960_720

いくつもアピールポイントを用意して、いくつものことをアピールしようとする書き方は、自己PRカードの書き方として適切ではありません。
それでは、すべてのアピールポイントが不十分なアピールとなり、大して良いアピールにはならないでしょう。
そうならないようにするために、自己PRカードには、一つのアピールポイントだけをアピールすることが大切です。

●企業が求める人材を把握して的確にアピールすること!

その一つのアピールポイントは、一つであるがゆえに、それだけで相手に興味を持ってもらえる強みでないとなりません。
それだけで相手に興味を持ってもらえる強みをアピールするためには、相手が人材に求めているものをしっかりと調べておく必要があります。
しっかり調べて、的確な点をアピールしていってください。

自己PRカードの書き方2,エピソードに文字数を割く!

自己PRカードには、さしてたくさんの文字数を書き込めるわけではありません。
ですから、どこに文字数を割くのかということが大切になります。
自己PRカードで文字数を一番割くべきは、アピールポイントの証明につながるエピソードです。
「こんなエピソードがあったから、こういうアピールポイントがあると思う。」というエピソードをなるべく具体的にしていくことに文字数を使う書き方をしていきましょう。

●数字を用いるとエピソードがより具体的になる!

その自己PRカードでのエピソードが、どういう書き方をすると具体的になるのかと言いますと、それにはやはり数字を織り交ぜると良いでしょう。
「こんな努力で1を10にした」というエピソードを話すと、具体的に伝わりやすいですよね。
数字を用いた書き方をすると自然と具体的になるのです。そうして具体的なエピソードを書いていってください。

自己PRカードの書き方3,仕事への活かし方を述べる

あまり長く書くというのは文字数的にも厳しいかもしれませんが、そのアピールポイントの活かし方も、自己PRカードには具体的に書いていくようにしてください。
活かし方を書いていくことで、そのアピールポイントを再度アピールできるというのと当時に、きちんと仕事への活かし方を考えていることをアピールできて、とても印象が良くなりやすくなるのです。

●その会社ならではの活かし方を述べよう!

その活かし方というのも、その会社ならではのところに活かしていくというような書き方をしていかないとなりません。
どこの会社でもいえるようなことを書いていってもそれは大したアピールにはならないのです。
自己PRカードにおいても、差別化を意識した書き方をすることは大切なので、ぜひそうしたアピールをしていってください。

自己PRカードでは差別化を意識した書き方が重要!

以上、印象を良くする自己PRカードの書き方のご紹介でした。
印象を良くするためには、こうした書き方で自己PRカードを書いていく必要があります。
難しいことはないと思いますので、ぜひこうしてしっかりと印象アップへつなげる書き方をしていってください。