自己PR文で正しい書き方をする上でのポイント | 新卒就活.com

2016/09/13更新

自己PR文で正しい書き方をする上でのポイント

自己PR文で正しい書き方をする上でのポイントをお教えします。
自己PR文で正しい書き方をすれば、相手に効果的にアピールすることができますよ。今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、ぜひ、就活生は見ておきましょう。志望企業に勤めたい方は必見です。

自己PR文で正しい書き方1,分かりやすく書く

colored-pencils-179167_1280

履歴書やエントリーシートに自己PR文を書く場合、どのような自己PR文の書き方が企業の目に留まり易くなるのかを考えながら書かないと、自己PR文は全くいもの無いものになってしまいます。

~アピールポイントを目立たせる書き方が大事!!~

その為自己PR文を書く場合には、起承転結がはっきりしている流れでPRしたいアピールポイントを目立たせる書き方が必要です。
アピールポイントは自己分析を行うことで自分の長所なども分かってくるはずですから、まずは明確なアピールポイントが何なのかを自分自身で把握することから始めないと、自己PR文の作成は難しいと言えるでしょう。

自己PR文で正しい書き方2,思い込みに注意

自己PR文の書き方で良くあるのが「集中力がある」とか「忍耐力がある」といった書き方です。
しかしこの集中力や忍耐力などは自分自身で分かるものではなく、周りから見た場合に判断されるものですので、自分で集中力が有りますと書いてしまうのは自己PR文の書き方としてはダメな例だと言えます。

~過去にあった実例を元に集中力をアピールするのが大事~

もし集中力があることを自己PR文として書くのであれば、集中力という言葉は使用せず、過去にあった実例を元にして集中力があることをアピールする内容に仕上げるほうが、書き方としては正しいですし、アピールしやすい書き方だといえます。

自己PR文で正しい書き方3,詰め込みすぎない

自己PR文の書き方は、基本的にはある程度アピールしたい部分を吟味して自己PR文として書き起こすのが正しい書き方と言えます。
中にはあれもこれもとアピールポイントを欲張って詰め込み過ぎてしまい、結果的に何が言いたいのか分からない文章や、どれが一番のアピールポイントか分からない寝惚けた文章になってしまう人もいます。

~最も自慢できる部分をアピールする方が言いたいことが伝わりやすい~

企業にアピールしたい気持ちが強く、良い所を自己PR文に盛り込みたいのも分かりますが、限られたスペースの中で自己PRを行う場合には、アピールしたいものを削っていき最後に残った最も自信のある部分をアピールするほうが、企業にも言いたいことが伝わり易くなると言えるでしょう。

自己PR文で正しい書き方4,自慢は厳禁

自己PR文の書き方で自慢を書くのは書き方としてはNGな方法だと言えます。
例えば学生時代に何かの功績をあげた場合、それは自分一人の力ではない場合もありますので、それをさも自分だけの手柄のように自己PR文で書いてしまうと、それはアピールではなく自己満足、自己顕示欲が強いという印象を与えることになってしまいます。

~強すぎる自己顕示欲は企業には邪魔なもの!!~

自己PR文の意味は無くなりますし、強すぎる自己顕示欲は企業に遣える場合にはむしろ邪魔なものとして判断されてしまうことも多いです。
アピールの仕方を間違えないように自己PR文の作成をおこなうよう注意しながら文章を考えていきましょう。

企業にとってプラスになるものであれば、それをアピールすることでプラスの材料となりますから、自分のセールスポイント、企業で生かせる能力を把握することから始めましょう。

自己PR文で正しい書き方をするためには自慢は厳禁

自己PR文で正しい書き方をするためには自慢は厳禁であることを知りましょう。

情報は詰め込みすぎるのをやめ、分かりやすく、思い込みに注意するのがベストです。企業で活かせるのだと自信を持って言える能力を確実にアピールしていきましょう、