自己PR文の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PR文の書き方とポイントについて

自己PR文の書き方とポイントについてご紹介します。
エントリーシートた履歴書、面接の質問でも聞かれることの多い「自己PR」ですが、注意しなければならないのが自己PR文が自慢になってしまうことです。
そうならないためにも、ここで自己PR文の書き方とポイントを押さえておきましょう。

自己PR文の書き方1,キャッチフレーズを作る

sketch-926667_640
自己PR文の書き方で大切なのはまず採用担当の興味を引くことです。
話の切り出しから採用担当の興味を引けなければその後の文を読まれても採用担当の頭に入ることはないでしょう。
そのため自己PR文の書き方でおさえたポイントがキャッチフレーズを作るということです。

●直接的な表現よりも印象に残る!他の就活生との差別化にもつながる

多くの就活生が自己PR文で自分の強みについて話しますが、「私の強みは〜です」と直接的な表現を使っているます。
そこでキャッチフレーズを作ることにより他の就活生を差別化をはかることができます。
例として強みが「継続力」ならば、キャッチフレーズは「小さなことの積み重ねで大きなことを成す」となります。
四字熟語やことわざを使ってもいいでしょう。

自己PR文の書き方2,PREP法で伝わりやすい文を

次の自己PR文の書き方は文の構成方法ですが、ここ「PREP法」という手法を活用しましょう。
「PREP法」とは英語のPoint、Reason、Exemple、Pointの頭文字を取ったものであり。
日本語にすると【結論、理由、具体例、結論】となり、分かりやすく文を書くために用いられる手法の一つです。

●まじめに結論からのべること!それから話を深堀していく方法が相手に伝わりやすい!

文の始めに結論をもってくることによりこれから何の話をするのかを伝えられるため、聞いている側も話が聞き取りやすくなります。
ちなみに仕事をしだと必ず結論からまず先に述べるということを求められるので、自己PR文の書き方にとどまらないものとなっています。

自己PR文の書き方3,企業への貢献をアピール

採用担当は自己PR文を読んで就活生の人柄とコミュニケーション能力、加えて企業への意欲を見ています。
そのため自己PR文の書き方としてしっかりと企業への貢献をアピールする必要があります。
その方法は難しいものではなく、自己PR文の最後にどうやって企業へ貢献したいと考えているかを述べるだけです。

●会社で活かせるような自身の強みを述べること!

例えば強みが「継続力」ならば、文の最後に「継続力をもって細かい仕事もコツコツこなし、御社に貢献したいと思っております」というようにアピールすることで企業への意欲がうかがえます。
この最後に一文を添える自己PR文の書き方はとても大切な部分なので、忘れずに添えましょう。

自己PR文の書き方は簡潔に!相手が読みやすい文章を心掛ける

自己PR文の書き方のポイントをいくつかご紹介してきましたが、最後に自己PR文は簡単簡潔を心がけてください。
自分をよく見せようと難しい言葉を使ったりする必要はありません。

相手に何かを伝えるというときは正直、小学校高学年でも分かるような文を心がけたほうがいいでほう。
よく自分をよく見せようと必要以上に難しい言葉を使ったりして話を分かりづらくしている人がいますが、それでは読む側への配慮ができていません。
自己PR文の書き方として大切なのは読む相手への配慮であり、そのため簡単簡潔で分かりやすい分を心がけたほうがいいでしょう。