自己PR書の見本で学ぶ書き方とは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

自己PR書の見本で学ぶ書き方とは

自己PR書の見本で学ぶ書き方についてご紹介します。
就職活動とは自分を売り込むこと=自己PRしたもの勝ちです。
ですから自己PR書は自分を売り込むうえで重要なアピールツールと言えます。
では自己PR書の見本を参考にした書き方を見ていきましょう。

自己PR書の書き方1,PDCAサイクルを回す

pencil-679347_640
見本をご紹介する前に自己PR書には何を書けばいいのかを考えてみましょう。
まず採用担当者は自己PRで何を見ているのか?それは自己PR書を通じて就活生の人柄やどんなスキルを持っているかを見ています。
そのため自己PR書に書くべきことは自分が持っているスキルとそれに紐づいたエピソードです。
そこでまずは自分の強みは何かを考えましょう。
難しく考える必要はありまえん。

●自己PR書を通じて就活生の人柄やスキルをみている!

例を出すとすると、過去にサークル活動の旅行のスケジュール管理を任されたとします。
その場合のスキルは「PDCAサイクルスキル」であり、これは立派にアピールできるものです。
このようにスキルとは日常に溢れているため、難しく考えずに自分のスキルを見つけてください。
それでは見本で書き方を学んでいきましょう。

自己PR書の書き方2,見本を参考にする

【見本】

私の強みは組織の問題を分析しそれに対応したスケジュール計画を組むことです。
この強みはサークル活動の旅行計画のときに発揮されました。
私が所属しているサークルは人数が多く、全てをまとめて旅行をすることが困難なため例年様々トラブルがありました。
そこで私はそれを改善しようと考えた結果、今までの旅行計画に原因あると気づきました。
私は旅行計画に細かな時間設定の集合やスケジュールを組み込み、それにより個人行動を減少し例年になくトラブルがない旅行をすることができました。
私はこの強みをもって御社でいち早く業務を覚え貢献したいと思っております。

以上が自己PR書の見本となります。
まずはこの見本をもとに自己PR書を作成してみてください。

自己PR書の書き方3,構成に従う

上記でご紹介した自己PR書の見本は以下のステップを踏んで書かれています。

■強み
・私の強みは〜です
■経験
・サークル活動での経験
・旅行の計画担当を任された
■課題
・経験の中で発生した課題
・サークルがまとまらない
・旅行先でのトラブル
■取り組んだこと
・原因分析
・スケジュール詳細化
■結果
・個人行動が減少
・トラブルがなくなった
■貢献
・この強みでどうい企業に貢献するか

以上が自己PR書の正しい構成であり、好印象を与える自己PR書の作成方法です。
見本では冒頭に「私にはPDCAサイクルスキルがあります」と直接的な表現を使用しておらず、別の言い方に言い換えています。
これにより他者と差別化をはかることができるのです。

自己PR書は見本を参考に自分主体の内容を書くこと!

自己PR書を書く上で大切なのはしっかりと基本とポイントをおさえていることです。
特に最後の貢献の部分は企業への意欲をアピールするためにとても大切なポイントとなっています。
しっかりと正しい構成に沿って作成することにより効果的にアピールする自己PR書を書くことができるのです。
もう1つ、見本を読んでいただければ分かると思いますが。

自己PR書に書く話は必ず自分が主体となった話を書くことです。
そうでなければ自己PRする意味がありません。
今回ご紹介した見本と攻構成に沿って自己PR書を作成すれば、好印象を与える自己PR書が作成できるでしょう。