自己PR書をテンプレート化する場合の注意点 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

自己PR書をテンプレート化する場合の注意点

自己PR書をテンプレート化する場合の注意点についてご紹介します。
就職活動とは自分を売り込むこと。
その売り込みに欠かせないものの一つが自己PRです。
しかし就活とは何社にも履歴書やエントリーシートをおくるため、いちいち考えていると時間がない!そんな時に役立つのがテンプレートです。

自己PRを作る上でのポイント

PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-1000xauto-4542
自己PR書をテンプレート化する場合、注意点がいくつかあります。
テンプレート化するにしても、出来のいい自己PR書をテンプレート化しなければ意味がありません。
まずは、良い自己PR書の書き方のポイントをいくつか説明します。

1,具体的エピソードを交える
抽象的に自分の長所を述べたとしても、何の説得力もありません。ゼミでもバイト先でも構わないので、必ず具体的なエピソードを用意し、その中で自分の強みをアピールしましょう。

2,エピソードは一つに絞る
エピソードを複数盛り込もうとすると、言いたいことが他にも出てきて色々書きたくなるんです。気持ちは十分分かりますが、1つに絞った方が伝わりやすいです。もし補充したいなら、それは面接の際に追加します。履歴書やエントリーシートでは、ポイントを絞ります。

3,目標達成は具体的成果をアピール
目標を立てて具体的な成果を出したことをアピールします。こちらも、単に頑張っただけでは、だから何?で終わってしまうこともあります。”

自己PR書をテンプレート化する際の注意点1,誤送信を避ける

自己PR書を作成する際に、テンプレートを使用することができれば、使い回しができて便利です。
うまく使えば、一度自己PR書を作ってしまえば、次からはさほど手間をかけずに書き上げられますからね。
しかし、使い回しには注意が必要です。場合によっては、命取りにもなりかねません。
テンプレートを使って自己PR書を書くときの注意点を説明します。

~テンプレートを使用する際はメモ帳やWordに下書きをすること~

テンプレートを利用していることが、企業の側に気付かれると、手抜きがバレてしまい、心証が悪くなってしまいます。
いわゆるコピペは、する方は手間が省けて楽ができますが、される方は、軽く扱われていると感じ、不快に思います。
そこで、テンプレートを使用しているとわかるようなミスを避けるため、具体的には、WEB上で直接テンプレートの切り貼り作業をしている時に、間違って送信してしまうようなミスを極力避けるための方法というわけです。

テンプレートを使う時は、まずWordやメモ帳などを利用して自己PR書を書くのをおすすめします。

自己PR書をテンプレート化する際の注意点2,バックアップをとること

さらに、念のためパソコンの不調に備えてバックアップをとっておくようにしましょう。
ブラウザの不調やパソコンがフリーズして、せっかく書いたものが全部消えてしまうというのもよくあります。
Web上で直接自己PR書を入力していくと、そのようなリスクもあるので注意するようにしてください。

~企業に合わせた自己PR書を作成すること!そのままコピペしないように注意~

テンプレートを使用場合、必ず丁寧に内容をチェックをすることが必要です。
テンプレートからWeb上の自己PR書へ簡単にコピペができるため、内容を確認しないまま、いい加減に貼り付けて送ってしまうことがあります。

友人にデータを送るなら、多少のミスは送り直せばいいだけの話ですが、就活となると、送り直すわけに行きませんよね。
自己PR書は、全ての会社に同じものを使用することはないと思います。
企業にあわせた自己PR書を作成することで、採用率も上がります。自己PR書の手間のために内容を犠牲にするのでは、本末転倒です。
採用担当者はプロですから、企業のニーズと自己PR書の微妙なズレは簡単に見破られてしまいます。

自己PR書をテンプレート化する際は自己PR書と他の項目に矛盾がないか必ず確認すること!

また、他の項目の回答と自己PR書に矛盾がないかも確認しておく必要があります。
このズレを避けるためには、記入内容を全体として読み返してからデータを送るように習慣づけるしかありません。
送信する前に全体をしっかり読み、自己PR書と他の項目との回答に矛盾がないかを見極める必要があります。

時間がない時ほど、このミスは起きてしまいます。
テンプレート化して楽ができる反面、チェックする手間はどうしても増えることになります。
テンプレートからWeb上のエントリーシートや自己PR書を提出する前には必ず全体を読み直し、内容をチェックすることをおすすめします。
そして、会社毎に微調整をしながら、テンプレートの内容も充実させていくことができれば、一石二鳥ではないでしょうか。