自衛隊への自己PRで確実に評価されるポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自衛隊への自己PRで確実に評価されるポイント

自衛隊への自己PRで確実に評価されるポイントをご紹介します。
自衛隊というのは、いま改めて注目を集めています。ゆえに、自衛隊になりたいという方も増えてきているのではないでしょうか。そんな自衛隊になるためには、やはり自己PRが大切になります。では、自衛隊への自己PRで評価されやすいポイントをみていきましょう。

自衛隊への自己PR方法1,体育会系の部活やアルバイトの経験

us-air-force-77907_960_720

自衛隊というのは、言わずもがなで体育会系です。
ですから、体育系になじめない方には向いてない職業であると言えるでしょう。
自己PRとはそれすなわち、自分がその職業に向いていることをアピールするものですから、体育会系になじめることをアピールするのは良い方法です。
そんな体育会系になじめることをアピールするために使えるのが、体育会系の部活やアルバイトの経験です。

●困難や辛い時をどう工夫して乗り越えたのか述べる必要がある

そこでの困難や辛い時にどうやって耐えてきたのかなどのエピソードを語りながら、そこで得たものをアピールしていけば、必ず自衛隊にとっては良い自己PRとなります。
体育会系に慣れていることはもちろんのこと、つらいことにも慣れていることがアピールできますから。
そういう経験がある方は、ここをアピールすることがオススメです。

自衛隊への自己PR方法2,簡単に折れない強い心

折れない心というのも、良いアピールになるでしょう自衛隊に効果的なアピールポイントです。
自衛隊の隊員として働くためには、つらい訓練を絶えないとなりません。
さらに実際に実務にあたる際にも、つらいことがたくさんあるでしょう。
そんな時に心が簡単に折れてしまうようでは、自衛隊の隊員としては全く役に立ちません。
ですから、そうならい事を証明できるような、簡単に折れない心をアピールする自己PRというのは評価されやすいのです。

●数字などを用いたりして具体的に説明しよう!

折れない心をアピールするためには、必ず、何をどのくらい耐えたのかということを数字を用いて説明しないとなりません。
その折れなさ具合が伝わらないと、それは大したアピールにはならないというのは明白ですよね。
だから自己PRではその具合が伝わるように、数字などを用いて具体的に説明する必要があるのです。

自衛隊への自己PR方法3,責任感の強さも効果的

自衛隊には責任感が必要です。自衛隊員はチームプレーでうごきますし、人の命や自分の命に対して責任を持たないとなりません。
ですから、それは間違いありません。
したがって、自衛隊に入るための自己PRでは、責任感の強さというのも良いアピールになるでしょう。
なぜ自分には責任感があると思ったのかというエピソードに特に文字数をさいて、自己PRをつくっていってください。

●具体的な業務への活かし方を述べる必要がある!

そうして責任感の強さを自己PRでアピールする際には、その責任感を自衛隊でどういかすのかということも述べるようにしていきましょう。
自衛隊での責任感の活かし方はいろいろあるでしょう。自分がそこでどういう仕事をしたいのかということを考えて、具体的な業務への活かし方を述べていってください。

自衛隊への自己PRで評価されるのは忍耐力と責任感の強さ!

以上、自衛隊への自己PRで評価されやすいポイント3つのご紹介でした。
自衛隊への自己PRでは、こうした総合的に強い人間であることのアピールが評価されます。体育会系的な辛さに強かったり、心が強かったり、そういうことが良いアピールになるので、自衛隊に入隊したければそのあたりをアピールしていきましょう。