英語面接で長所・短所を聞かれた時の対処法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

英語面接で長所・短所を聞かれた時の対処法

外資系の就職を希望した場合、英語の面接がある場合が多いです。
その際に質問としてよく聞かれるのが「あなたの長所と短所を教えて下さい」というものです。
外資系や海外の企業の就職しようとした場合、英語の面接があり、その中では長所や短所についての質問がよく聞かれるので注意が必要です

英語面接で長所・短所を聞かれる時のフレーズ

tie-690084_960_720
まずは、英語の面接で、どのように長所や短所について質問をされるのかについてみていきましょう。
英語の面接になじみのある人は多くないと思いますので、実際にどのように質問されるかを知っていれば、柔軟に対処することができるはずです。

~長所を聞く場合の質問~

・What are your strong points? あなたの強みは何ですか
・What is your greatest strengths? あなたの強みは何ですか
・Why should we hire you? あなたを採用するべき理由は何ですか

~短所を聞く場合の質問~

・How about your weaknesses? あなたの短所についてはどうですか
・What do you consider to be your weaknesses? あなたの短所はなんだと考えていますか
・What is your biggest weakness? あなたの最も大きな短所はなんですか

英語面接で長所・短所を聞かれた時の答え方

ここでは、長所や短所を聞かれた際に、一般的に用いられる英語のフレーズをご紹介いたします。
もちろん、このまま利用することは英語の面接で他の人との差別化を図ることにはなりませんので、これらのフレーズを踏まえて面接では独自の解答を用意していきましょう。

~長所に答える場合~

・One of my greatest point is being able to recognize my weekness. 私の長所の一つは、自分の欠点を理解することができるということです
・My belief to never give up anything is one of my greatest strengths. 何事にも決してあきらめないという私の信条は、私の長所の一つです。

~短所に答える場合~

・I sometimes tend to put off some chores. 私は時に雑用を先延ばしにしてしまう傾向にある
・I am so open and honest to others that I am vulnerable to attacks from many things. 私は他人に対してとても寛容で誠実なので、多くのことに傷つきやすい。

英語の質問に答える際の注意点とは?

英語の面接で質問に答える際の注意点について説明していきたいと思います。

~お馴染みの質問やフレーズは何度も練習しておく~

英語の面接においても一般的に有名な質問や、長所や短所を述べる際に比較的使用しやすいフレーズというものが存在します。
そういったものを暗記し、何度も音読練習しておくことで、英語の面接をスムーズにこなすことが可能になります。

~自信を持って堂々と答える~

日本人が英語で長所や短所の質問に答えると聞くととてもハードルが高いように感じるかもしれませんが、実際のところは練習次第でどうにでもなります。大切なことは自信を持って堂々と答えることです。
発言の中身がよかったとしても、それの伝え方が評価しなければ、話にならないのです。

英語面接で長所・短所を聞かれた時は自信を持って堂々と答えること!

英語面接で長所・短所を聞かれた時の対処法についてご紹介しました。
英語の面接でうまく回答していくためには、日ごろのトレーニングが欠かせません。
長所や短所についての伝え方も日常的に考えておく必要があるでしょう。
現在はオンラインやアプリなどでたくさんの練習機会を得ることができます。ぜひ、こういったものを活用して、対策を行っていきましょう。