英語面接の対策方法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

英語面接の対策方法

英語面接が外資家の会社や、海外進出を目指している企業などが選考過程に組み込んでいます。
当然、日常会話レベルの英語は求められてくるので会話スキルを上げるのはもちろんのこと、
日本語の面接とは違った視点で対策を講じる必要があります。
ここでは英語面接に対するオススメの対策方法をご紹介します。

英語面接対策1,日常会話のスキルをあげておく

meeting-106591_640 (1)

就活の英語面接では、英語の質問にただただ答えるというよりは、日常会話のスキルを見られているということが多いです。
英語面接で用意された答えを答えるだけなら英語があまり得意でなくても簡単にできますよね。
だからこそ、用意されたような回答だけではなく、日常会話のスキルも求められるのです。

●英語の会話本や英語のドラマなどを見て表現を学んでおくと良い対策

別段難しい表現を覚える必要はありませんが、「受付が感じよくしてもらい緊張がほぐれた」ですとか、「綺麗なオフィスですごく緊張している」とか言えるように、日常会話のスキルをあげておきましょう。
それこそがまず一つめの、就活の英語面接の対策方法です。
具体的にそういう会話のスキルを身につける為には、英語の会話本や英語のドラマなどを見て表現を学んでおくと良い対策になるでしょう。

英語面接対策2,よく出る質問の回答例を作成しておく

日常会話のスキルも見られているのですが、当たり前に英語面接での質問に対する回答の内容も見られています。
そこの英語表現がいまいちだったり、そもそも回答の内容がいまいちだったりしたらすごく印象は悪くなるでしょう。
ですから、よく出る質問に対してもしっかり対策しておく必要があります。
そのためにはよく出る質問を知る必要がありますね。

●難しい単語をあまり使わず分かりやすい表現で自分なりの回答を用意する

よく出る質問とは、

「ここまでどうやってきましたか?」
「自己紹介をしてください」
「志望動機を教えてください」

などが挙げられます。

英語面接への対策として、こうしたよく出る質問を知り、
難しい単語をあまり使わない、分かりやすい表現の英語で自分なりの回答を用意していってください。

英語面接対策3,自信の伝わる英語表現を覚える

英語面接のあるような会社では、英語を使いこなす国際的な人物を求めると同時に、
世界で働くメンタルをもつ人物を求めているところがあります。
ですから、英語面接で「I think」や「well…」や「ah…」ばかり使っているような自信の伝わらない英語を話していたら、すごく評価が悪くなるのです。

●世界で働くメンタルの強さをみせつける!!

そうならないために対策として、「I am confident」「I am certain」などの自信の伝わる英語表現を覚えることをお勧めします。
そういう対策をして自信が伝わるような回答を咄嗟にしていけるようになったら、英語面接なんて別段怖いものではなくなるでしょう。”

英語面接の対策としてはよく出る質問の回答例を作成しておき自信をもって挑むこと

ここまで、英語面接への対策方法を紹介してきました。
英語面接を突破していく為には、特に事前準備が大切になります。
特にここで紹介してきたような準備はまず欠かせません。
ここをきちんとやっておけるかどうかということで、8割がた勝敗が決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。
英語面接の対策だけにあまりに時間をかけるわけにはいかないということも就活ではよくあることかもしれませんが、準備の差が勝敗を決めてしまうのですから、準備をおろそかにするわけにはいきません。

英語は将来的にも役に立つものですから、しっかり時間をかけて対策してもまず損はしません。しっかり対策していきましょう。