説明会会場に合わせた行動の仕方とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

説明会会場に合わせた行動の仕方とは

説明会会場と言っても、会社説明会は単独企業の説明会の場合と、企業が集まっての合同説明会では全く空気も変われば、重視するべきことも変わってきます。
そこで、それぞれの場でどのような行動をすべきかをお教えします。

説明会会場が合同説明会の場合

1024-cc-library010006665
企業の合同説明会は戦場ともいえる場所です。
就活生も企業側もそれぞれの目的を持って動き、人の出入りも激しいため、あまり周りに気を使っている時間がないのが特徴です。
そのため、合同説明会の説明会会場では自分の目的を最優先に動く必要があります。

●自分の目的が第一!企業の目を気にする必要性はない!

具体的には、説明会の開催時間は企業のブースごとに替わります。そのため、目的を決めて動かなければあっという間に過ぎてしまう場合や、予定通りに数社をまわるいうのが危うくなってしまう可能性があります。
優先順位を決めて動くことが重要であり、場合によっては説明会の途中で退席する必要が出てくる必要性も出てきます。
合同説明会の説明会会場では人の出入りが多く、人の顔を覚えるのも困難です。
説明の途中で時間が気になるような状態なら他の企業の説明会に行くのも選択肢に入ります。

説明会会場が企業単独の場合

単独の会社説明会の説明会会場なら、すでに面接が始まっていると思って背筋を伸ばして挑む必要があります。
近年は説明会の後にエントリーシートの提出や選考会につなげる企業なども増えており、些細な行動が選考会に影響を与える恐れがあります。
退屈そうな態度や、時間外にやたらとスマホをいじるようなこと行動はどうしても目立ってしまいます。
また、だらしない服装も悪い印象を与えます。
本命の企業でなくてもスーツを着て身だしなみを整えることが重要です。説明会に出てくる社員は直接採用の人員とはかかわりがない場合であっても、

●周りの目を気にすることが重要!身だしなみや振舞い方には注意を

説明会会場では誰に見られても恥ずかしくない行動を心掛ける必要があります。

説明会会場が大学の場合

どちらとも言いかねる場が、大学で開催される、大学主催の合同企業説明会です。
しかし、説明会会場には大学の縁や、地元の有力企業が参加している人物も多いため、可能な限り気を付けた方が後に参加する後輩のためにも印象が良くなります。

●目立つ行動は控えるべし!

また、学内の人物も経過を見守っていることもあるため、評価が後々に影響する場合は目立つ行動は避けるべきです。
特に、通常の合同説明会のように企業の説明会の途中に退席することは避けるべきです。
学校自体のイメージが損なわれる可能性があり、地域の会社に就職を目指すときに悪印象を与えかねないのです。
特に地域社会の結びつきが強い場合は、説明会会場での行動には気を配る必要があります。

説明会会場が企業や大学の場合は自分の行動に気を使うこと!

説明会会場と一言で行っても様々な会場がありますが、その影響はある程度予測できるものです。
大切なのは気を遣うリスクが気を使わないリスクを上回るかどうかで、合同企業説明会よりも単独説明会の方が大きくリスクが跳ね上がります。
大学主催の場合もネームバリューに傷がつく場合もあるため、多少の配慮が必要と言えます。