説明会情報の集め方と注意点について | 新卒就活.com

2016/09/15更新

説明会情報の集め方と注意点について

説明会情報の集め方と注意点についてご紹介します。
説明会情報の集め方って意外と困りもの。就活生がやってしまいがちな落とし穴とともに説明していきたいと思います。
説明会情報を集めようと思っても、情報化社会の世の中では検索迷子になってしまいます。情報収集の前に押さえておきたい意識と注意点とは?

説明会情報の集め方1,ネットサーフィン

architecture-768432_640
説明会情報を集めようと思ったら、パンフレットだったり企業に直接連絡を取ってみたりと……。
情報の集め方はいくらでも思いつくことでしょう。
志望している企業が決まっているのであれば先に述べたような情報収集でも問題ありません。
しかし、当然ながら志望企業に100%採用してもらえることなんてまずありえません。
そのため、すべり止めとしての意味も込めて、インターネットを活用した説明会情報の収集も怠ってはならないのです。

~ホームページ・ブログ・口コミなど様々な視点からの情報収集が可能!~

インターネットから集めることのできる説明会情報を甘く見てはいけません。
ネット上では常に情報は更新されていきます。そのため、「昨日見てまわったからいいや」なんて油断していると、説明会情報ひとつを見逃してしまいかねません。
これは大げさな言い方かもしれませんが、それくらい敏感なアンテナを張っておくことが就活生として大事な習慣です。
スキマ時間に自然と検索していた!というくらい、感覚を尖らせておくことをおすすめします。

説明会情報の集め方2,他人の動きも注目

インターネットを活用する上で、さらに応用としてSNSやブログなどの『ライバル』の動き方にも注目しましょう。
自分と同じように、同年代の就活生たちはあっちこっちと説明会情報を集めてまわっています。
自分で四方八方探し回るのもありですが、どうせならライバル発信の情報もかき集めていきましょう。
TwitterやFacebookなど、SNSの動きには特に注目です!

~同じ業界志向のライバルを追いかける!SNSを常にチェックする癖をつけよう!~

SNSやブログを覗いていく中で、ひとつ意識しておきたい点があります。
それは、『同業種を目指している発信者』を見逃さないことです。
少しでも自分の興味のある分野への志向を持っているライバルがいたら、逃すことなく情報収集源にしてしまいましょう。
このハイエナ戦法、就活を勝利へ導く裏技とも言えます。

説明会情報の集め方3,「検索迷子」に注意しよう

就活情報、説明会情報をしていく上で陥りやすいのが「検索迷子」です。
ネットサーフィンをし続けることで、「自分が何をしたかったのか」「どういった企業に行きたかったのか」がわからなくなってしまうのです。
ネット上にはたくさんの情報が溢れています。あれもこれもと魅力的な情報に踊らされないようにしなくてはなりません。

~情報に踊りまわされないよう確固たる意思を持つこと!~

言うほど簡単にできることではありませんが、検索迷子にならないために必要なのは「この仕事をやりたいんだ!」という絶対に曲げない信念、確固たる意思を貫き通すことです。
ネット上の魅力的な文字列に惑わされず、常にただひとつの目標を変わらず持ち続けることが大事です。

説明会情報を収集する際は常にアンテナをはっておくこと!

説明会情報の集め方についてふれてきましたが、いかがでしたでしょうか。
習慣化されたネットサーフィン、ハイエナ戦法は就活生にとって必須とも言えるスキルです。
常にアンテナをはっておくことのできる人ほど、より目標にそった就職先を見つけることができるのです。
またその際には、自分のなりたい職業や夢などを、ブレることなくしっかりと信念として持ち続けていることも大事となってくので忘れないようにしましょう。