転職を成功させる3つの自己分析の仕方 | 新卒就活.com

2016/01/07更新

転職を成功させる3つの自己分析の仕方

転職を決断して行動する際に、まず自己分析から始めます。
自己分析をする事は第一歩のスタートとして、この上なく大切です。
そして転職を成功させる為には必要不可欠の作業となります。なぜ転職には自己分析が必要で、どの様に行えば良いのか、解説していきます。

転職に必要な自己分析の仕方1,理由を明確にする

road-166543_960_720
「転職する前になぜ自己分析を行うのか?」それは同じ繰り返しをしないようにするための、対策という意味もあります。
転職にはキャリアアップ、給料を上げるためなどプラスな転職もありますが、仕事が苦痛、やりがいがない、といったマイナスな理由もあります。
次は自分に合った仕事を見つける為に、転職は自分を理解することから始まります。

●ポジティブな転職の場合
「キャリアアップの為に、何をすれば自己成長できるか」「今よりいくら給料が上がれば良いか」これらを自分の経験から感じた、最善の答えが何かを自己分析しなければいけません。
結論が出ればそれに見合う企業に転職をします。

●ネガティブな転職の場合
「なぜ今の仕事は苦痛なのか」「なぜやりがいがないのか」を明確にしてから、自己分析を通して「本来これがしたかった!」と思える仕事があれば、その企業に転職します。
つまり、自分がどうなりたいのかを自己分析によって知ることで、より良い転職ができるのです。

転職で使える自己分析の仕方2,根拠を追求する

自己分析は意外と難しいものです。すぐに答えを見つけることはできません。
そこで「~したい」「~したくない」と思った時に「なぜ?」と自分で自分を問いただして見ましょう。
これを数回繰り返すことで、過去の経験を遡って本質を探し当てることができます。

●自問自答を繰り返すことで自身の本質を知ることができる!

例えば、「営業はもうしたくない」という理由で転職を考えていれば、「営業が苦手→クロージングが不得意→押し売り感を出したくない→売れる自信がない→そもそもアポイントが嫌がられる」これにより、新規でアポイントを取ることが億劫で、それが姿勢に表れ営業成績が良くないという結果になっています。
このように自己分析することによって、次の転職はアポイントを取らない仕事に就こう、と一つ明確に見えるものがあります。
自分を知る事こと、次なるビジョンが見え失敗の無い転職ができるようになっていきます。

転職で使える自己分析の仕方3,前職から得たものを書き出す

転職を目指す時に、企業から「あなたの自己PRは?当社に応募した理由は?」と質問されます。
その時に、自己分析ができていなければ的を得た伝え方ができません。
自分自身の仕事振りを振り返ってみて、実績や成果を挙げた事は一つはあるはずです。
その経験を通して、一体何を得たのか、何が身についたのか、紙に書き出すと良いでしょう。

●転職したい理由を裏付けるキッカケを伝える!

また、転職したいと考える企業を志望する理由は「なぜその仕事がしたいのか?」を裏付けるきっかけがあったはずです。
一度振り返ってみて、そのキッカケを企業研究をした上で伝えていきましょう。
まず紙に書き出すことが自己分析では大切です。
感じた経験を忘れないようにするために紙に書いておいて、採用担当者に自分を知ってもらう、理解してもらう姿勢を意識して自己分析しましょう。

転職の成功させるための自己分析は自問自答を繰り返して仕事に対する自身の価値観を知ること!

自己分析が転職を成功させる上で、大切な事だとお伝えしてきました。
出来る限り転職は何度も繰り返すのではなく、理想の働き方を実現することができる仕事に長期的に勤めたいものです。
そのために、自分を知りって採用担当者に自分を理解してもらう必要があります。
双方のベストなマッチングは自己分析によって成立することを念頭に置いておきましょう。