過去の職務をアピールする職務経歴書の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

過去の職務をアピールする職務経歴書の書き方

過去の職務をアピールする職務経歴書の書き方を紹介します。
応募する企業が職務経歴書の提出を求めた場合、それは以前の職務経験を求められているというサインだといえます。
そのため職務経歴書の書き方で企業に採用される確立が大きく変化する場合があると考える必要があります。
第二新卒の方必見です!

職務経歴書の書き方1,単なる箇条書きはNG

abstract-13640_640
職務経歴書は履歴書に並ぶ非常に重要な提出書類の一つだといえます。
職務経歴書に求められるものは以前の職務の内容や自分が受け持った案件や仕事、そしてどのような役職に就き成果を上げてきたのかといった職務に関する詳しい内容ですので、簡単に言えば履歴書の経歴をさらに詳しく踏み込んだ内容にしたものだと考えると分かりやすいでしょう。

~職務経歴の深掘りをすること!読み手を考えた書き方が求められる~

しかしただ単に以前の職務を箇条書きで書き連ねただけでは企業側も興味を示さないといえますし、内容が薄く職務の内容が伝わり難い職務経歴書となってしまいます。
そのため職務経歴書の書き方に求められるのは、企業側が興味を持ち内容をしっかりと見てくれる書き方が重要だといえます。
もちろん応募する企業に関係ある職務経歴のほうがさらに興味をもってもらえるといえます。

職務経歴書の書き方2,職務で得たスキルや経験をアピール

職務経歴書の書き方でどういった点をアピールするかといえば、やはり職務で得た経験やスキルを企業に対してアピールする書き方がベストだといえます。ただし職務経歴書の場合自己PRを書くのとは違い、時系列にあわせた職務経歴を記載する必要がありますので、その基本に則った書き方が必要となります。

~時系列に沿った職務経歴を書くこと!功績や賞を盛り込むと興味を引ける~

基本的には前の企業に勤務した期間、配属先や職務の内容を簡潔に記載し、業務内容やその仕事で挙げた功績や貰った賞なども記載しておくとさらに企業が興味をもつ職務経歴書となります。
職務の内容や配属先に関しても、企業が求める人材かどうかを判別するために必要な部分ですので、どういった部署でどのような職務を担当していたのかを分かりやすいように記載する気配りも必要となります。

職務経歴書の書き方3,要点をまとめる

職務経歴書の内容は企業が求める能力を有しているかどうかを判断するためにとても重要なものだといえますが、それを判断してもらうためにはまず職務経歴書をしっかりと見てもらわなければいけません。
そのため職務経歴書書き方で重要なのは、要点をきちんとまとめて読みやすい書き方にすること、そして企業のニーズをしっかり把握し、そのニーズに合った内容の職務経歴書を作成するということです。

~企業のニーズを把握したうえで職務経歴書を作成しよう!~

そのため以前の職務が今回職務経歴書を提出する企業の業務にあまり関係ない場合、やはり興味を持ってもらうことは難しいですし、ニーズに合っていないため採用も難しくなるといえます。
職務経歴書を提出する企業選びの段階で気づいておかないと、せっかく作成した職務経歴書も無駄になる場合があります。
また、職務経歴書の提出が必要な企業が求めているのは即戦力となりえる人材だといえますので、それをしっかりと見極めて自分の職務経験が活かせる企業へ申し込みを行なうことも必要だといえます。

過去の職務に興味を持ってもらえるような職務経歴書を書こう!

職務経歴書の提出で求められているものを把握するのは非常に重要で、それにより企業が求めている人材がどのような人なのかも分かってくるといえます。
そして職務経歴は第二新卒でも在職期間に関わらず必要となります。
実績がなくとも、在職期間が短くとも、携わった業務やプロジェクトなどに、任された役割をしっかり記載しましょう。
提出するのであれば魅力的な内容での書き方にすることが必須ですので、その点をしっかり抑えた職務経歴書を作成しましょう。