適切なマフラーの色とは?就活の豆知識 | 新卒就活.com

2015/11/13更新

適切なマフラーの色とは?就活の豆知識

適切なマフラーの色とは?就活の豆知識をお教えします。
就活中でも冬は寒いです。ですから、就活でもマフラーを使用したいと思うこともありますよね。
ですが、そんな時のマフラーは、何を使用していいわけではありません。そこに適したマフラーの色があるものです。

マフラーの色1,基本は黒かグレー

wool-953635_640
就活で使用するアイテムは、基本的にはあまり目立たない色というのが暗黙のルールです。
ですから、就活で使用するマフラーの色としても、適切なのは黒かグレーだということになります。黒かグレーであればスーツとの相性も良いですし、見た目的にも品がある印象なので、まったく問題ありません。まさに就活に適したマフラーの色です。

~マフラーの色はスーツと違う方の色を選ぶこと!~

ネイビーやグレーのスーツを着用している場合は黒にして、黒のスーツを着用している場合にはグレーを着用するというような選び方で色を選ぶと、よりしっくりくるマフラーの色の選び方が出来るでしょう。
スーツと同じ色で統一感を出しすぎると逆にもっさりして印象が悪くなりますから。
ですから、スーツとは違う色という選び方をしていくのがオススメです。

マフラーの色2,単色なら許容範囲は広い

基本的にはやはり黒やグレーの品がある目立たない色がオススメではありますが、それでも最近では単色なら許容範囲だとされている雰囲気があります。
ですからネイビーやボルドーなどの単色のマフラーの色もアリと言えばアリでしょう。
ただそれでもやはり少しでも品があるように見える色をお勧めします。

●スーツや小物と色が違いすぎるのはNG!全体の統一感を大切に

スーツや小物と色が違い過ぎてしまうのも、やはりそこに目が行き過ぎてしまい印象がよくなくなるでしょう。
ですから、全体の統一感というところから考えるとやはり単色の中でも黒かグレーが適切になってくるのです。
小物が多少明るい色だという人は、ボルドーの等の品がある単色も視野に入れていいですが、そうでない方はやはり黒かグレーが無難で適切なマフラーの色だと言えるでしょう。

マフラーの色3,原色は避ける

マフラーの色は、ついつい差し色っぽい明るい色を選びたくなる方もたくさんいることでしょう。
ですが、そういう原色などのはっきり目を引く色は、間違いなくNGです。
そんなつまらないことで印象を悪くしたくないのであれば、避けた方が無難でしょう。
就活にオシャレは必要ありませんから、余計なことはしない方が良いです。

●アパレル業界などはあえて指し色のマフラーをしても問題ない!

ただし、アパレル系の会社など、多少服装で個性をだしてアピールしないとならない場面であればその限りではありません。
その場合はあえて指し色のマフラーをしていても問題はないでしょう。
もしアパレル系の会社ではなく普通の企業を受けるのであれば、マフラーの色に原色を選ぶことは自分で首を絞めるようなものなので、やめておいてください。

マフラーの色は目立ち過ぎないものを選ぶこと!全体の統一感を大切に

以上、就活で使用するのに適切なマフラーの色のご紹介でした。

●基本は黒やグレーが適切
●スーツや小物との色合いが似ている単色ならOK!
●原色はアパレル業界以外は避けるべし!

就活で使用するなら基本的には黒かグレーです。
そう思っておけばまず間違いはないでしょう。
変なことで印象を悪くしてしまってはつまらないですから、黒かグレーのマフラーの色を選ぶようにしていってください。