適応検査の対策と抑えるべきポイントとは | 新卒就活.com

2015/10/29更新

適応検査の対策と抑えるべきポイントとは

適応検査の対策と抑えるべきポイントとは何でしょうか。
適応検査は職場への適応性を確かめるための検査で、性格検査や適性検査などと同一のジャンルに位置します。
環境やストレスに対する適応性を中心に据える事も多く、検査結果が内定に大きな影響を与えることもあるので注意が必要です。

適応検査は企業生活に適応できるかを判断するために使われる!!

whiteboard-849810_640
適応検査とは、心理学や統計学を基礎としたものが多く、企業生活に適応できるかどうかを判断するために使われます。
特に適応能力が低いと判断された場合は内定を受けることは困難になります。

適性検査や性格検査は大手テスト会社などが開発し、シェア率も高くなっていますが、適応検査を行う企業は少なく、情報量も少なくなっています。 

~適応検査は実践的な情報に迫る場合が多い~

一方で、適性検査などの代わりに適応検査を導入する企業もあり、問題面では共通項も多くなって来ています。
ピンポイントで絞るよりも広範囲な適性検査対策を行った方が効率的な場合もあるため、志望企業の優先順などを考慮しながらどちらが良いかを考えるのも方法です。 
」また、適応検査はよりピンポイントで、実践的な情報に迫る場合も多い事も特徴です。 
 

適応検査はテスト方式も豊富!!

適応検査の特徴に、検査方式が多彩な事も挙げられます。
近年はWebテストなども社会的に浸透してきていますが、適応検査も例外は無く、Webを使った検査や、自己採点方式で行う方法など様々な形式があります。 
採用試験だけでなく、新人研修などでも良く使われているのも特徴で、応用範囲が広い検査となっています。
人員の振るい落としのためではなく、人員配置のための参考情報として活用されている場合もあるのです。

~事前に対策して自分の特徴を把握すること~

適応検査が採用されている企業であれば、お金を払ってでも一度は体験する方法もあります。
一般的な性格検査や適性検査と違い、情報量が少ないため対策サイトも見つけるのが困難だからです。
事前に自分の特徴がわかるだけでも貴重な情報源となります。 
 

適応検査は入社後の教育で活用される!! 

適応検査が新人研修等に活用される理由の一つが、その人の伸びやすい能力を見極める効果もある事があげられます。
適応検査の特徴の一つに、後天的に伸びる能力や、基礎能力、それぞれの方向性を分析出来ることがあげられます。 
この情報を活用すれば、部署の配置だけでなく、それぞれの個性に合わせた教育や研修プランを立てる事も可能なのです。
似たタイプでグループ分けをする事で、効率的な新人教育が出来るようになる可能性もあります。 

~事前に適応検査を受けて結果を知ることが出来れば長所・自己PRにも活用できる~

もし、事前に適応検査のテストを受けてその結果を知る事が出来た場合は、長所や自己PRにも活用できるのがポイントです。 
履歴書や面接の際にも情報の裏付けがあるため、自信をもって答えられるようになります。逆転の発想で、適応検査の結果を出してから就職活動をすると言う方法もあるのです。 
 

適応検査は事前に対策すること!!自分の能力を客観的に把握しよう

適応検査は導入企業が少なく、対策が難しい一方、新人研修の場など多くの場で利用されています。 
Webテスト形式や自己採点方式など様々な方式があり、検査結果で自分の長所などを掴みやすいようになっているため、対策が必要であれば有料であっても一度受けておくことをお勧めします。 
自分のびやすい能力などが客観的に把握できることもあるため、その結果を就活に生かすのも方法の一つなのです。