適性テストを企業が選考に組み込む目的 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

適性テストを企業が選考に組み込む目的

適性テストを企業が採用試験の過程で取り入れている場合は多いと思います。
企業が行う適性テストは性格検査・能力検査の2種類に分かれています。
一体企業はこの2つの検査から、就活生の「なにを」見ようとしているのでしょうか?
そもそも適性テストってなんなのか?そこから話を広げていこうと思います。

適性テストとはどのようなテストなのか?

children-286239_640

就職活動を行なっていると適性テストを受ける必要も出てきます。
この適性テストは企業が申込者の会社への適正を調べるために行なうテストで、大きく分けて性格検査と能力検査に分かれています。

●適性テストとは性格・能力検査の2種類がある

性格検査はその人がどのような性格なのかを詳細に調べるためのテスト、
能力検査はどのような能力があり、それが会社の仕事に向いているかどうかの適正を調べるテストとなっています。
基本的には両方を実施する企業が多いのですが、中には性格検査だけ、能力検査だけという企業もありますが、
それは企業によって異なるため注意が必要です。そのため対策をする場合いは両方の対策を準備しておく必要があります。

適正テストの性格検査とは?

適性テストで行なわれる性格検査は、その人の性格を見極めるためのテストとなります。
適性テストの性格検査結果は、会社の仕事に向いていないとか、この性格ならどういった部署のほうが合っているなど、
企業側が参加者を選別するために利用される重要なものとなっています。

●面接では図れない部分を浮き彫りにするのも狙いの一つ

性格は面接などでは表に出てこない部分もありますから、面接では図れない部分をこの性格検査で浮き彫りにするのも狙いの一つとなっています。
そのため性格検査は落ち着いて臨まないと問題を間違えて解答したり、似たような問題の回答をまるで違う答えで記入したりということが起き易く、
その結果によって不採用となる場合もあるので注意しましょう。

適正テストの能力検査とは?

適性テストにおける能力検査は、簡単に言えばその企業の仕事や業務への適正があるかどうかを計るための適性テストです。
いくら本人がやる気があっても、適性の無い人材を採用するほど企業も甘くはありません。
そのため適性テストで能力検査を行い、企業の仕事に適合する能力や適正がある人材を優先的に採用するためにテストを実施しているわけです。

●企業の求める知識や能力を身につけておく必要がある

この能力や適正は学歴や偏差値ではまず分からないものですので、学歴がいくら良くて偏差値が高くても、適正が無ければ企業も採用をすることは無いといえます。ですから企業の求める知識や能力を身につけておく必要があるといえます。

適性テストとは企業に合う人材を見極める手段!性格・能力検査がある

適性テストをクリアするためにはまず自分自身のことをしっかりと把握しておく必要があります。
性格に関しても適正に関しても、自分のことがわかっていない状態であればまずテストはクリアできません。
そのためまず自己分析を行い自分でも気づいていなかった性格を把握し、自分がどのような分野に向いているのかという適正も知る必要があります。

そのためには無料の適正テストをあらかじめ受けてみて自分自身のことを詳細に理解することが必要となるでしょう。
それを行なうことで適性テストをクリアするためには何が必要か、何が今の自分に足りていないかが分かるのではないでしょうか。