適正とは?適性との違いについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

適正とは?適性との違いについて

就活を行う上で非常に重要となるのが適正というものです。
適正とは呼んでのごとく適当で正しいうことですので、適正とは就活における仕事選び・職種選びに非常に需要なポイントとなるものだと言えます。
そのため、適正な仕事を選ぶことが内定への近道と言えます。

適正とは1,適性の違いを知る

human-112389_640
よく就活では適性検査を行いますが、この「適性」と「適正」は意味が異なるものだと言えます。
まず適性とは仕事を長く行っていく上で必ず必要となるものですし、適性がある場合と無い場合では仕事の進み具合なども大きく変化してしまうため、企業側も適性のない人材は基本的に雇い入れることは少ないと言えます。
同じ仕事を与えて人の倍時間がかかる場合は、生産性が他の人に比べて二分の一にしかならないわけですから、どうしても適性がある人材を優遇することになります。

~「適性」がない場合はその仕事を選択すること自体が「適正」でない~

そのため自分自身にその仕事に対する「適性」が無い場合には、その仕事を選択すること自体が「適正」ではないと言うことになるので、自分の適性がどのようなものか、その仕事を選択することが適正であるかどうかを考える必要があります。

適正とは2,自己分析が必須

適性と適正は密接な関係にあると言えますから、まずは自分自身の性格を自分でしっかりと把握することから始める必要があります。
性格診断を行うことは適性を知ることになりますし、導き出された診断結果から適正な仕事をチョイスすることにも繋がります。
適正とは自分に合った仕事をチョイスすることに他なりません。

~「適性」を知ることで「適正」な選択をとることができる~

そのためまず自分でも把握できていなかった隠れた性格を明らかにすることが必要となりまてす。
例えば単純な作業が嫌いで飽きっぽい性格の人が流れ作業がメインの仕事を選択した場合、明らかに性格がその仕事に対して向いていない、適性がないと言うことになります。

そうするとその仕事のチョイス自体が適正ではないと言うことになるため、別の仕事を探すほうが正しい選択ということになります。
適性がない仕事に無理に就職した場合は、ほとんどの場合がその仕事を辞めてしまうことになりますので、本当にその仕事の選択が適正かどうかをしっかり考える必要もあるわけです。

適正とは3,仕事を続ける上で必要なこと

仕事を適正に選択することは、自分が選択した仕事を続けられるかどうかが決まるといえます。
そのため就活で「適性がない仕事」を焦って選んでしまうことは、「適正な選択」ではないと言えますので就活に焦りは禁物だと言えます。
適正な仕事を焦らずきちんと選択できていれば、入社後すぐに辞めるということにもなりませんし、入社してからこんなはずではなかったと後悔することもないと言えます。

~自分と企業の「適性」を調べて「適正」な就職先を見つけることが重要~

そのため適正な仕事選びはその後の人生を左右する非常に重要な選択だと言えますし、選択を後悔しないためには適性を知り、それに合わせた就活を行っていく必要があると言えます。
無理な仕事選びは必ずどこかに無理が生じ歪が出てきますので、自分の将来のためにも適正とは何かをしっかりと考え、ベストチョイスをする必要があるでしょう。

適正とは自分に合った仕事をチョイスすること!

就活においての適正とは、自分の選択が間違いでないことを確認するためにも必要なことだと言えます。
適正な仕事選びはやりがいのある自分に適した仕事選びとなりますので、焦らず急がず熟考して適正な仕事を選択しましょう。
また企業と自分の性格との相性……つまり適性があるかどうか把握することが大切です。
まずは自己分析からはじめてみましょう。
そして自己分析と企業研究から企業に「適性」があるか判断し、合った企業を選ぶことが「適正」だといえるでしょう。