適正試験とは?その内容と対策について | 新卒就活.com

2016/09/13更新

適正試験とは?その内容と対策について

適正試験とは?その内容と対策についてご紹介します。
企業に採用されるためには採用試験は欠かせない試験だといえます。
しかし採用試験にも様々な種類があり、その中で特に導入が多いのが適正試験と呼ばれる試験です。
適正試験とは何かを知ることによって、採用試験を突破しやすくなるといえます。

適正試験とは1,内容

book-791884_640
適正試験とは企業が就活生を採用するための採用試験に導入される筆記試験のことを指します。
多くの企業で導入されている適正試験とは、基本的に性格診断+国語、算数といった教科問題に分かれています。

●適正検査とは企業との相性!能力検査が好成績でも落ちる可能性アリ

特に有名なのがSPI試験です。教科問題に関しては就活生の基礎学力などを図る目的もあるため、性格診断の結果さえ良ければ言い訳ではありません。
逆に教科のテストが好成績でも、性格診断の結果が芳しくなければ、採用試験を突破することは難しいといえます。
特に性格診断においては、就活生がその企業に向いているのか、それとも不向きなのかを判断する材料となりますので、その結果を企業側は非常に重く受けとめているといえるでしょう。
そのため性格診断で問題があると判断された場合には、適正試験ではじかれてしまう可能性が高くなります。
それくらい適正試験とは重要なものだといえます。

適正試験とは2,対処方法

適正試験とは企業へマッチするかどうかを判断するために必要な、重要なテストといえます。
そのため特に性格診断に関しては注意しないといけないといえます。
性格診断は基本的にはYES・NOで答える問題となりますが、とにかく問題数が多く、似たようなニュアンスの問いかけも多いのが特徴です。

●性格診断は正直に答えるのが適切!矛盾な回答にならないよう注意が必要

この性格診断を行うにあたり注意すべき点は、ウソを答えないということです。
性格診断の場合、企業への印象を良くしようとしてウソの答えを書いた場合、その傾向が結果として確実に現れる仕組みとなっています。
特に似たようなニュアンスの問題が多いのは、その人がウソを答えていないかどうかをチェックするために入れ込んであるとも言われており、前後の問題で答えが違うという結果になると、それは診断結果として全てわかるようになっています。

そのため適正試験とはいかに良い印象を与えるかが重要なのではなく、正確な答えをきちんと答えるかどうかが重要となるといえるでしょう。
適性検査の答えは後々の面接にも影響を与える場合がありますので注意が必要だといえます。

適正試験とは3,対策法

適正試験とは性格診断と教科問題の組み合わせです。
教科問題に関しては一般的な教養が身についているかどうか、社会人としての最低限の知識を有しているかどうかが重要なため、SPI対策の問題集をしっかりと予習しておけば問題ないといえます。
しかし性格診断に関しては、基本的に正解は存在していないと考えたほうが良いといえます。
なぜなら、性格診断に関しては数学のような正しい答えというものが存在していませんし、人によって性格も様々ですから100人いれば100通りの答え、正解が存在していることになるためです。

●自己分析を徹底的に!客観的な視点を取り入れること

そのため性格診断重視の適正試験とは、いくら予習をしても正解にたどり着くことが出来ないものだといえます。
しかし性格診断も予習をすることにより、自分自身がどのような性格なのかを客観的に見ることが出来ます。
ですから事前の性格診断は必要になるといえるでしょう。友人や家族、または第三者に協力してもらい。自己分析を行うのも良い対策法です。
適正試験とは逆に言えば自分をアピールするチャンスだとも言えるでしょう。

適正試験とは応募者の人側を判断するための手段!まずは自己分析を徹底的に!

適正試験とはその人がどういった人なのかを企業が判断するためのテストだといえます。
そのためまずは自分自身がどういった性格なのか、どれくらいの教養が身についているのかを判断して、それにあわせた対策を講じることが重要になってくるといえるでしょう。