選考に落とされる履歴書の志望動機例文まとめ | 新卒就活.com

2016/09/06更新

選考に落とされる履歴書の志望動機例文まとめ

書類選考に落とされる履歴書の志望動機例文をご紹介します。
志望動機とは選考を左右する重要なものですし、何よりも採用担当者が最も知りたいことの内のひとつでしょう。
書類選考で落とされる志望動機を参考にしながら、受かる志望動機を書きましょう!

落とされる志望動機の特徴とは??

pen-390095_640 

今回は書類選考で落とされる履歴書の志望動機例文をご紹介してきますが、その前に落ちる落とされる履歴書の志望動機の特徴を知りましょう。
まず一番多いのが自分主体ではなく会社主体で話しているということです。
履歴書の志望動機は会社への意欲を示すためのものでありるため、会社主体の志望動機になってしまっては無理矢理作った志望動機であることがバレバレです。

~会社主体の志望動機はNG!!~

志望動機では「御社の〜に魅力を感じた」ではなく「〜がしたいから御社に志望した」という内容にしましょう。
次に多いのが御社の事業内容に触れない志望動機です。
これは志望動機の焦点がづれているため相手にされないでしょう。
それでは実際に悪い志望動機を例文でご紹介してきます。

【例文1】自分主体ではない志望動機

「私は貴社の○○事業に魅力を感じ、志望しました。私はアルバイトで会社の売り上げを上げるには顧客満足度を上げることが大切ということを知りました。そして御社では○○事業においてとても顧客満足度を大切にしており、そんな環境で自分も成長したいと思いました。
アルバイトで培った経験を貴社で活かし貢献したいと思っております。」

~アルバイトの経験を就職活かす書き方はNG!~

この例文で悪い点はまず話が自分主体ではないところです。
会社主体では志望度が伝わることがありません。
そして例文の最後に「アルバイト経験を活かして〜」とありますが、履歴書の志望動機でこれはかなりのNGワードです。
アルバイトを就職と一緒にしてはいけません。
履歴書の志望動機で企業への貢献をアピールしたいときは「いち早く仕事を覚えて貢献したい」程度の内容にとどめておきましょう。

【例文2】企業の事業に触れていない

「私は貴社の環境問題への取り組みに感動しました。近年の会社は環境問題への取り組みがとても大切だと思っているので、そんな会社の中で私も成長していきたいと思いました私が持つコミュニケーション能力でいち早く御社に貢献したいと思っています。」

~成長したい!はNGワード!!~

この例文の悪い点はまず企業の事業内容に一切触れていないことです。
企業の環境問題への取り組みは本来の事業プラスアルファすることであって、企業の目指す場所とはまったく関係がありません。
履歴書の志望動機でアピールしても相手にされないでしょう。
さらに例文では企業の中で「成長していきたい」と書いていますが、企業とは学校ではありません。
自分が成長するために存在しているのではなく、頑張って成果を残しその結果として成長がついてくるのです。
履歴書の志望動機に「成長したい」はNGワードということを覚えておきましょう。

履歴書の志望動機を書く際は悪い例文を反面教師として参考にすることも重要!

今回ご紹介した例文をもとにいい履歴書の志望動機とは何かを考えると、自分主体の話をして企業の事業内容の深いところまで触れているものとなります。
自分が何をしたいか?なぜその会社でなければならないのか?を述べることにより志望動機に信憑性が増し説得力が生まれます。
そして企業の事業内容の深いところまで触れることで企業研究をしっかりと行っていることを伝えることができ、高い志望度を示せます。

このように履歴書の志望動機は最大限に企業への志望度をアピールしなくてはなりません。
今回ご紹介した例文を反面教師としていい選考を通過する履歴書の志望動機を書きましょう。