選考書類を作成する際のポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

選考書類を作成する際のポイントについて

選考書類は就活生が企業から必ず提出するようにいわれる書類です。
それは履歴書やエントリーシートと呼ばれるもので、就活を行なううえでは避けて通れない書類と言えます。
選考書類を取り扱う場合のポイントを考えて見ましょう。

選考書類で必要なポイントとは??

paper-224224_640

まず選考書類が就職活動においてどれくらい重要なのかを知る必要があります。
選考書類とはその名の通りその書類を使用して選考を行うわけですから、内容が選考を左右することはいうまでもありません。
それは履歴書でもエントリーシートでも同様で、内容がいい加減な選考書類はそれだけで選考に値しないといえます。

~充実した内容と読みやすい文章が必要不可欠!~

内容が素晴らしくても、それが伝わらなければやはり選考書類として意味がないということになります。
そのため選考書類に必要なのは、選考に値すると思わせる内容+それを読み手に伝えることが出来る書き方の2つが揃って初めて選考書類としての効力を発揮するといえるでしょう。
そのためその両方を揃えるようにすることが重要だといえます。

選考書類で重視される動機や自己PRポイント

企業が選考書類として使用する履歴書やエントリーシートでは、必ず抑えておくべきポイントというものが存在しています。
それが志望動機や自己PRといったポイントです。
この2つは企業側が非常に重要視するものだといえます。そのため選考書類を記載する場合はこの2つに重きを置いて記載する必要があります。
志望動機はなぜその企業を選択したのかというその人の思いが表れる場所です。
ですから、なぜその企業を選択したのか、企業に対してどのような思い入れがあるのか、そのことが企業が採用する上でプラスになるのかということを読み取る場所となります。

~自分の強みが企業でどう活かされるのかアピールすること!~

そのため曖昧な表現や煮え切らない動機といったものはそれだけでマイナスとなってしまいます。
自己PRに関してもPRするポイントが企業にプラスになるものなのか、そのPRポイントが仕事でどのように活きるのかを明確に伝えるようにしないと、志望動機同様に内容が伝わらないということになります。
そのため自己満足な内容ではなく企業に訴えかける内容、要点などが明確に伝わる内容での記載が重要と言えます。

選考書類の適切な書き方とは

選考書類を記入する場合、読む相手のことを考えた書き方が選考を大きく左右するといえます。
選考書類は機械で読み取るわけではなく、採用担当者が1枚ずつ目を通し確認するものだといえます。
そのため担当者は毎日膨大な数の選考書類に目を通すわけで、読み難いものや内容が曖昧なもの、ダラダラと書き連ねてあるものなどを敬遠する可能性があります。

~内容は簡潔にまとめて要点を把握しやすい書き方をしよう!~

そのため書き方も読み手の立場にたった書き方が重要となるわけです。
内容に関しては、要点を分かりやすく簡潔にまとめて書くこと、曖昧な表現ではなく事実を交えたものにするということ、そして読みやすく判別しやすい文字で書くということに注意すれば、内容の伴った読みやすい選考書類が完成するといえます。
読みやすいものは担当者の目にも止まりやすく、内容が簡潔にまとめられているものは要点を把握しやすくなりますので、その点もしっかりと抑えた書類作成を行ないましょう。

選考書類は採用担当者が読むという意識を忘れずに作成すること!

選考書類は自分が読むのではなく企業の担当者が読むということを必ず頭に入れて作成する必要があります。
そのため出来るだけ他の人が読んでも読みやすいもの、選考基準を満たした内容のものを作成するように心がけると良いでしょう。
人に読まれる書類だという意識と綺麗な字でなくてもいいので丁寧に書くことが大事です。