長期のインターンシップに参加するメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/09/07更新

長期のインターンシップに参加するメリット・デメリット

長期のインターンシップに参加するメリット・デメリットについてご紹介します。
長期間インターンシップに参加するわけですから、自分が興味のない企業や業界のインターンシップに参加してもあまり意味がないですよね。
せっかくですから自分が志望する企業のインターンシップに参加してみましょう!

短期よりも長期のインターンシップが人気!!

sidewalk-657906_640
就活生の就活に大きな影響を与えると言われているインターンシップですが、近年の傾向として短期のインターンシップよりも長期のインターンシップに参加を希望する就活生が増えていると言われています。
短期のインターンシップが決して悪いわけではありませんし、短期には短期インターンシップのメリットというものがあるわけです。

~長期のインターンシップに参加してスキルアップを目指す学生が増加!~

長期インターンシップへ参加が増えている理由として挙げられるのはスキルアップを目指す就活生が増えているためだと推測されます。
長期インターンシップに参加する場合はそのメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで参加するとより自己成長につなげることが出来るのではないでしょうか。

長期のインターンシップに参加するメリット

長期インターンシップに参加することで得られるメリットは、やはり実務に身を持って触れることによるスキルアップではないでしょうか。
短期インターンシップの場合実務に触れることはほぼありません。
仮に実務経験が可能な場合でもほんのわずかな時間だけとなるため、自分のスキルアップにつなげると言うよりは、実務がどのようなものか体験するといった意味合いが強いと言えます。

~仕事に必要な問題解決能力が養え自己成長へつながる!~

しかし長期インターンシップの場合、数週間〜数ヶ月の間一つの企業に従事して、仕事の大変さやどうすれば効率よく仕事がこなせるかなどの経験が可能となります。ですから短期の体験よりも長期の経験のほうが確実にスキルアップが可能になると言えます。

長期のインターンシップに参加するデメリット

長期インターンシップには自己成長を促す目的があり、参加することで大幅な成長をすることが可能になります。
しかし長期インターンシップにもデメリットはあります。
それは学業とインターンシップを並行して行わなわなければいけないと言うことです。
学校によっては長期インターンシップに参加することで単位が貰える場合もありますが、単位が貰えない場合には学業も並行して進めて行かないと行けず、時間に追われることになる可能性もあります。

~学業との両立が難しい!単位の取得状況を把握しておく必要がある~

実質的に長期インターンシップに参加している期間中は学校にはほぼ行くことが出来ませんから、上手に単位取得をしておかないと長期インターンシップに参加したため卒業できなくなったというケースもあると言えます。
しかも一度参加した長期インターンシップは基本的に途中で辞めることが出来ず、辞めた場合にはマイナス評価以上の厳しい判断を企業にされてしまうことになることもデメリットと言えるでしょう。

長期のインターンシップに参加する際は学業との両立に注意!企業に長期滞在する覚悟を決めること

長期インターンシップに参加する場合、とにかく長い間企業に入りびたりになる問うことを覚悟しておく必要があります。
そのため、事前の準備や対策は必要不可欠だと言えますし、仕事が上手く出来なくて自分無力さや、能力の低さに打ちのめされてしまう就活生も多いと言えます。
ですから、事前の準備や自分がおそらく通用しないであろうことは覚悟して、長期インターンシップに臨む必要があります。
誰でも初めから仕事が上手くできる人はいませんし、長期インターンシップはそれを踏まえて自分のスキルアップを目指す場所です。
長期インターンシップを開始した時よりも終わった時の成長の度合いが重要となるのではないでしょうか。