就活の面接がうまくいかない人の2つの原因 | 新卒就活.com

2016/08/08更新

就活の面接がうまくいかない人の2つの原因

就活の面接がうまくいかない人の2つの原因をお教えします。
面接がうまくいかず、悩んでいる学生向けに、まず改善するべきポイントを指摘します。
そして、今後の就職活動がスムーズに進むような対策を提案させていただきます。
面接がうまくいかない就活生は参考にしてくださいね。

面接がうまくいかない人には2つの原因がある!!

daisy-75190_1280
先日、Twitterでこんな質問を受けました。
面接がいつもうまくいかないんです。どうすればいいのでしょうか。つらくなってきました。
今回は、このような面接がうまくいかない人たちに、少しでもポジティブになってもらうために書きます。
就活をやっている時にこのようなことを感じたことはありませんでしたが、どうしてこのような不安を抱えている学生が多いかはなんとなくわかります。
実際に採用面接に行っているのに、落ちてしまう。なおかつ理由も教えてもらえないため、面接がうまくいかない人。
自分が否定されているような気がしてしまうのではないでしょうか。
そして、面接がうまくいかないうちにどんどん自信がなくなっていく、そんな学生が多いと思います。
ではどうして面接で不採用になってしまうのでしょうか。
それには2つの原因があります。

面接がうまくいかない人の原因1,能力不足

kulli-708979_1280
まず1つ目の能力が足りていないという理由ですが、企業は新卒で入社してくる学生たちに将来会社で活躍することを期待しています。
みなさんは、「営業できるの?」とか具体的に現時点で持っているスキルのことを面接で聞かれますか?ほとんど聞かれないと思います。聞かれることとしては、「大学時代どんなことをやってきたの?」とか「うちに入ったら何をしたいの?」とか、もっと抽象的な話に終始すると思います。
何か新しく学び始める時、習得するスピードは、その人の考える力や経験、ストレス耐性や継続する力などに影響されます。
企業は、新卒に今すぐ物を売ることができる「営業スキル」を期待するのではなく、卒業後、より早く「営業スキル」を習得することができる、ポテンシャルを持っている学生を採用したいのです。
だからこそ、その学生が今までどのようなことをやってきたのか、将来のことをどれくらい考えることができているのかを聞きながら、そのポテンシャルを判定しているのです。
現時点で企業が求めているスキルに達していないという理由であれば、ある程度鍛えることができます。過去のどのような生き方をしてきたかは変えられませんが、過去に学んだことを整理して、考えをまとめたり、企業側にしっかりと伝えるスキルをトレーニングすることはできます。
ロジカルシンキングを身につけるために大切なこと
考えのまとめ方はこの記事に書いておきました。
あとは、キャリアセンターや人材関連で仕事をしている人に、面接で話していることを伝えてアドバイスを貰ってみて下さい。
もし、聞いてくれる人がいないのであれば、質問や相談受け付けています。⇒@murata0705

面接がうまくいかない人の原因2,応募先企業の社風に合っていない

books-691980_1280

2つ目です。これはもう相性の問題だと思います。よく「就活は縁だ」と言いますが、この2つめの理由を言っているのだと思います。
所詮企業は人の集合体なので、”合う・合わない”は当然あるわけです。みなさん、自分が行きたくない企業や業界とその理由を上げてみてください。理由は明確ですか?
そのくらいその企業・業界のことを知っていますか?しっかりとリサーチをした上で判断を下している人は少ないと思います。「なんとなく」とか「激務な”印象”がある」とかそんな感じではないですか?
学生が企業にこのような感情を持っているということは、企業も学生に「いい子だけどうちに合わなそう」とか「仕事できそうだけど、一緒に働きたいとは思わない」というような感情を持つことは不思議ではありません。企業といっても面接する人は、人間ですので。
この場合は、切り替えるしかないですね。自分が絶対行きたくないと思っている企業の採用担当も同じ事を考えていると思いますよ。「どうして良い会社なのにきてくれないんだろう」って。

就活の面接がうまくいかない人は能力が足りてない・社風が合わないのが原因

就活の面接がうまくいかない人は能力が足りてない・社風が合わないのが理由です。
もし面接がなかなかうまくいかないのであれば、このどちらが原因なのかを考えてみて(教えてくれるかは分かりませんが、面接官にフィードバックをもらってもいいと思います。)改善してみてください。
それではみなさんの就職活動を応援しています。