面接が不採用になる3つの原因 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接が不採用になる3つの原因

面接が不採用になる3つの原因をお教えします。
なかなか採用されない就職活動の面接。どうすれば良いのでしょうか、と悩める就活生も多いはず。
そこで、面接が不採用になる3つの理由をお教えします。ぜひ、今後の就職活動の参考にしてくださいね。選考突破しましょう。

面接が不採用になる原因1,言葉づかい

entrepreneur-593361_640
就活生にとって面接は就職する上での非常に重要なターニングポイントとなります。
様々な準備を行い面接に挑んだはずなのに、何故か不採用になってしまったというケースも多いですが、不採用になったのには必ず理由が存在しています。特に多いのが言葉づかいの乱れによる不採用です。

~雑な言葉遣いは気を付けていても受け答えで出てしまうことが多い!!それが不採用に繋がる~

言葉づかいは自分で気を付けているつもりでも、面接時の受け答えなどの要所要所に気づかないうちに出てしまうことが多く、その言葉づかいの乱れが不採用に繋がる可能性もあります。
言葉づかいは社会人としての基本ですし、会社に就職した場合、取引先との話しや取引に関わる会議なども頻繁に出席することになります。その場合、もし言葉づかいが乱れていれば、そのことが原因で商談が破断になったりすることも考えられます。
そのため企業は言葉づかいに関しては非常に厳しくチェックをしていると言えるでしょう。

面接が不採用になる原因2,服装

面接が不採用になるケースで言葉づかいと同じくらい多いのが、服装の乱れによる不採用です。
服装の乱れはその人の内面を顕著に表していますから、大事な面接に乱れた服装で来るような人が、内面がきちんとしているはずがないと面接時に判断をされてしまいます。

~寝癖やしわしわのシャツ・よれよれのスーツでは内面もルーズだと捉えられる!!~

寝癖やシワシワのシャツ、ヨレヨレのスーツなどで面接に臨むような人は、内面も非常にルーズだと捉えられますから、見た目だけで不採用になる可能性が高いと言えます。
面接に合格した場合、社会人としてその会社で働くことになるわけですが、見た目がルーズな場合、その恰好が会社の品位や会社の評判を下げてしまうことに繋がりますから、服装がルーズな人はまず採用されないと考えたほうが良いでしょう。

面接が不採用になる原因3,態度

頑張って面接に臨んだのに不採用になってしまった場合、面接での態度が問題だった可能性もあります。
服装や言葉遣いなどに注意していたとしても、面接の段階で面接官の話を聞かず自分の言いたいことばかり言ってしまうような態度は、社会人としてやっていく場合に人の話を聞かない社員という認識になってしまうため、面接段階で不採用となる場合があります。

~面接官の話を「しっかりと聞いている」という態度を作ること!!しっかりと声を張ってアピールして行こう~

面接で重要なのは、面接官の質問をきちんと聞き、その内容に対いて正確な回答をすると言うことです。
質問も聞かずに自分のアピールをし続けてしまうような態度は、企業側としては扱い辛い社員でしかないわけです。
逆に声が小さく言いたいことが全く言えないような態度も、消極的過ぎて社員として採用するには適していないと判断される可能性があります。

面接で不採用になる時は言葉遣い・身だしなみ・態度が横柄など3つの原因がある!!

面接で不採用にならないためには、言葉づかいや身だしなみといった内面も外見もきちんとしていることが重要となってきます。

自己主張が強すぎる場合も、消極的過ぎる場合も面接ではマイナスイメージとなりやすいため、もし自己主張したいのであれば就職が決まってから会社で存分に行えば良いでしょう。
消極的な態度は社会に出た場合にマイナスになるのは確実ですから、意識して少しずつ直しておくほうが良いでしょう。
不採用になるには理由があると言いましたが、その理由を一つずつ消していけば、不採用になる理由は無くなります。
もし不採用になった場合には何がいけなかったのかを自己分析して、次の面接に生かせるようにしていけば良いのではないでしょうか。