面接が怖いのを克服するために必要なポイント | 新卒就活.com

2016/08/26更新

面接が怖いのを克服するために必要なポイント

面接が怖いのを克服するために必要な3ポイントをお教えします。何度も面接に落ちてしまうと、面接を怖いと感じてしまうかもしれません。
しかし、3つのポイントを押さえれば克服する事が出来ます。
ぜひ、面接が怖い人は克服するために必要な3ポイントを押さえて就活に役立てましょう。

面接は決して怖いものではない

man-272679_640
就活生の悩みの中でよく聞くのが面接が怖いと言う話です。就活生にしてみれば、面接で全てが決まってしまうと考えている人も多く、就活期間が長くなれば面接回数も増えてくるため、徐々に面接に対しての自信を失い、面接が怖いと感じるようになるのかも知れません。しかし面接は決して怖いものではなく、あくまでも企業側が社員を採用するための簡単な顔合わせのようなものです。

~面接で全てが決まるのではないくらいの気持ちで臨むのが大事!!~

面接で就活生の全てが分かるわけではありませんし、もし仮に面接で言いたいことを言えなかった場合でも、面接に合格することだって十分にあります。

面接が怖いと感じていた場合、必要以上に委縮してしまう可能性もあるわけですから、怖いと思わず面接で全てが決まるのではないくらいの気持ちで臨むほうが、リラックスして面接を行えるのではないでしょうか。

面接が怖いと感じる原因は何か

面接が怖いと感じる原因の一つに、面接官が怖いと感じている場合があるようです。
これは面接官=自分の将来を左右する人という先入観があるためで、その先入観のために面接官が怖い、面接自体も怖いと感じてしまうのでしょう。
しかし良く考えてみれば、面接官も同じ人間ですし、面接官だけが採用不採用を決めているわけでもありません。

~面接が怖いという先入観を取り払って臨むのが大事!!~

面接官といえど、会社で働いている同じ労働者ですので、全く怖がる必要はないわけです。先入観というのは非常に厄介なもので、思い込みによって面接を自分で難しい物にしてしまう場合もあります。
逆に言えば、面接官なんか怖くない、面接もただの顔合わせと思い込めば、怖いと言う先入観も無くなり、いつもの自分をそのまま面接の場で出すことが可能になるのではないでしょうか。

面接が怖いのは緊張のせい?

面接が怖いと感じている場合、それは緊張が影響している場合も考えられます。緊張は精神的に不安定になりやすいですし、必要以上に体を硬直させてしまいます。緊張すればするほど、面接が怖いと感じるようになりますし、怖いと感じることで更に緊張が高まるという悪循環にも陥ります。

~緊張を感じた時には気持ちをリラックスさせるのが大事!!~

面接で緊張しないようにするためには、気持ちをリラックスさせることが重要になりますし、面接自体にも慣れておく必要があるでしょう。

模擬面接などを繰り返し行っていた場合、行っていない場合と比べて機長の度合いが大幅に軽減しますし、緊張が軽減されれば不安からくる怖いと言う気持ちも和らぎますから、面接の場で自分をしっかりとアピールすることが可能になるのではないでしょうか。

面接を怖いと感じないようにするには失敗をおそれないこと!!平常心で向かうのが大事

面接が怖いと感じる理由の一つに、失敗を恐れているという場合も考えられます。しかし面接での失敗がそのまま不採用となるわけではありませんし、面接官も面接での失敗だけでその人を判断したりはしません。
面接官は緊張していることも分かっているはずなので、失敗を恐れずに自己アピールできるかどうかが面接が上手くいく秘訣だと言えます。

怖いという感情は表情にも現れますので、怖いと感じるのではなくむしろ面接を楽しむくらいの余裕があるほうが、面接官に与える印象も好印象になるのではないでしょうか。本当に怖いのは、怖いと思い込んでしまい自分自身を見失うことですから、面接を怖いと思わず平常心で面接に臨んだほうが良い結果が得られるでしょう。