面接が苦手な人がしておきたい3つの対策! | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接が苦手な人がしておきたい3つの対策!

面接が苦手な人がしておきたい3つの対策についてお教えします。
面接が苦手で全然通過しないで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
何回受けても選考が突破出来ないと辛いものがありますよね。
しかし、3つの対策を押さえておけば今後の面接を突破することが出来るでしょう。

面接対策1,友人との面接練習

留学
一番手軽なのは友人と面接の練習をすること。できれば企業に一度面接に行ったことがある友人がいいでしょう。模擬面接として、友人と面接の練習をしましょう。面接で聞かれることは基本的な部分では「当社を志望した理由は?」「学生時代取り組んだことは?」などなど同じになっているのです。

◆大事なのは本番だと思って練習する事◆

大事なのは本番と同じように緊張感をもって面接の練習をするといいでしょう。また、面接だけではなく面接会場に入るときから練習をするようにしましょう。できれば、スーツを来て、本番と同じように練習をするといいのです。

面接対策2,ビデオカメラで撮影

40
自分で話している姿は中々自分では見ることができません。そんな時にオススメなのが、自分の話している姿や、スーツ姿、面接の姿などを実際にビデオカメラに撮影してみることです。そうすることで、自分の話し方の改善点や、自分の姿勢、自分の面接の問題点などが見えてくるのです。友人で内定をもらった人がいるのであれば、その友人に撮影したビデオを見てもらうようにするといいでしょう。

◆イスに座るまでの姿勢と座ってからの姿勢にも注意しよう◆

注意したいのはイスに座るまでの姿勢と座ってからの姿勢になります。背筋は伸びているのか?座った時に猫背になっていないのか?などについて確認をしておくようにしましょう。また、話し方や声の大きさ、聞き取りやすさなどもチェックしておきたいですよね。

面接対策3,とにかく回数を重ねる!!

質問
これはある意味逆説的なのですが、本命の企業の面接に行く前に、練習として、他の企業の面接に行くようにするといいのです。面接の一番上達する方法は面接に多く行って回数を重ねること。本命の企業以外の面接に行って練習をするようにしましょう。一度面接に行った際にはどこが悪かったのか?また、改善点はどこか?について考えるようにしましょう。

◆慣れれば面接に対する苦手意識が無くなる!!◆

集団面接がある企業であれば友人と面接にいってお互いの改善点をフィードバックするようにしましょう。本命の企業と同じ業種や全く違った業種など面接が苦手な人は積極的に企業の面接をうけるようにしましょう。スーツを着て話す機械もなかなか無いでしょうし、面接の場というものは独得の雰囲気があります。まずは面接になれることを目標にしましょう

面接が苦手な人は回数をこなそう!模擬面接や友人からFBKを受けて対策を練る

就活生で面接が苦手な人の対策方法について見てきましたがいかがでしたか?
面接が苦手な人は人付き合いが苦手な人や人と話すことが苦手な人が多いのです。面接は就活において欠かすことができないものになります。
今回の記事を参考にしてぜひとも面接を上達させて下さい。友人と面接の練習をすることは、気軽にできることでしょうし、ビデオカメラがあれば、自宅などで自分の面接の練習をするといいのです。いろいろな方法で就活の面接の練習をすることができます。みなさんも就活の練習をしてみてくださいね。