面接でしておきたい服装とは?選考通過率を上げる方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

面接でしておきたい服装とは?選考通過率を上げる方法

面接でしておきたい服装とは何でしょうか。選考通過率を上げるためには、しかるべき服装で面接に行く必要があります。
選考通過のためにきちんとした服装で趣き、将来の目標に一歩近づきましょう。
今後の就職活動の参考にしてくださいね。なかなか面接がうまく行かない人は必ず確認しましょう。

面接では服装に注意しましょう!!

CL201_syorui2320140830185655500
面接は就職活動を行う上で最も重要なイベントだと言えます。面接の善し悪しでその企業に就職できるかどうかが決まるわけですから、面接への心構えは非常に重要なものとなります。

~服装だけで面接に落ちる事もある!!~

心構えも重要ですが、やはり面接の服装にも注意をしておかないと、服装だけで面接が落ちたと言うことも考えられます。
面接の服装はその人の為人を表すと言っても過言ではありませんから、面接を受ける前にあらかじめ面接にはどのような服装で臨めばよいか、NGとなる服装はどのようなものなのかを把握して面接に臨む必要があるでしょう。
基本的に面接は企業と就活生が初めて対面する場所でもありますから、面接官に与える印象も考慮した服装で面接に臨むことが望ましいと言えます。

面接の服装や身だしなみは誰を基本にするのが良い?

面接の服装や身だしなみに関しては、その服装は誰に見せるのが基本となっているのかを考える必要があります。

例えば、自分では大丈夫と思っている面接の服装が、実際には面接官には不評という場合もあり得るわけです。
そのため面接の服装で重要になってくるのは、自分が良いと思っているものではなく、面接官等の相手側に好印象を与える服装にしなければいけないと言うことになります。

~相手に不快を与えない服装で面接に向かう事を重要視すること~

髪型や髪色に関しても、自分の好みではなく相手が不快に思わないものでなければ意味がありませんから、自己満足で面接の服装や身だしなみを決めてしまうと、思わぬ失敗となってしまう可能性があります。これは面接だけでなく社会人として働き始めた場合でも重要なポイントとなりますので、相手のことを考えた服装を選ぶ必要があるでしょう。

面接の服装や身だしなみの基本とは?

57fcddeaa9a14b13911a229534b2e361_s

面接の服装の基本形は、男性の場合は紺やグレーのスーツ、女性の場合も紺やグレーのスーツが基本となります。
良く黒いスーツを着ている就活生がいますが、黒いスーツは相手に対して威圧感を与えやすいですし、あまり印象が良くないため、できるだけ避けたほうがよい色だと言えます。

~白いシャツならOK!!清潔感を意識した服装で面接に向かいましょう~

中に着るシャツはカラーシャツはNGですから、白いシャツやブラウスを選ぶと印象が良いと言えます。靴に関しても基本は黒の革靴となります。
女性の場合は黒の高すぎないハイヒールがベストでしょう。身だしなみに関しては茶髪、長髪、ヒゲなどは基本NGですし、女性の場合はアクセサリーなどは出来るだけ身に着けないほうが良いでしょう。
見た目がきっちりしているほうが面接官に与える印象が好印象になりますから面接の服装はアイロンをきっちりかけたヨレヨレでないものにするのも重要なポイントです。

面接の服装に気を遣えば自分の気持ちも引き締まり、話す事にもメリハリがつく!!

面接の服装に気を使い身だしなみにも気を使うと、自然と気持ちも引き締まって中身もきちんとした気持ちになるものです。面接で失敗する人の多くが気の緩みからくる身だしなみや面接の服装に乱れが有りますから、面接の服装をきちんと確認していくことで、気の緩みも防止することが出来るのではないでしょうか。

面接でいくら良い受け答えをしたとしても、服装が乱れていれば面接官はその乱れからその人の内面を見ますので、面接の服装の乱れは面接自体を台無しにしてしまう恐れがあります。本気で就職したいのであれば、自分自身の内面も見直し、見た目に関しても面接にふさわしいものにしてく必要があるのではないでしょうか。服装の乱れは気持ちの乱れ、気持ちの緩みは服装の緩みに繋がることを忘れないようにしましょう。