面接での性格テストに回答する際の注意点 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接での性格テストに回答する際の注意点

面接では、面接前に性格テストを実施されるところもあります。
しかしこの性格テスト、ただ何となく正直に答えていたのでは良くないのです。
いくつか注意しておくべきことがあるのです。
ここではそんな、面接での性格テストに回答する際の注意点を紹介します。

面接前での性格テスト対策1,人間的な回答をする

human-723579_640
面接での性格テストでは、人間的な回答をする方が好まれる傾向にあります。
人間的な回答とはどのようなものかと言いますと、「人生で一度も嘘をついたことがない」などの設問に対して、「いいえ」と答えるということです。
というのも、人生で一度も嘘をついたことのない人なんてまずいませんよね。
それなのに「はい」と答えていたら人間的でない、あるいは嘘をついているとみなされて印象が悪くなるのです。

●強い言い切りに注意すること!!

ではどういう設問に注意すれば、人間的な回答をしていけるようになるでしょうか。
面接での性格テストでは、「今までに一度も」とか「絶対に」とか、強い言い切りの言葉が入る設問があります。
そういう設問はだいたいひっかけですので、そういう質問では人間的な回答を意識していくと、上手く人間的な回答が出来るでしょう。

面接前での性格テスト対策2,矛盾が生じないように回答を覚えておく

面接での性格テストでは、似たような設問がたくさん出てきます。
その似たような設問で一つは正直に答えたりし、一つは誰かを演じたりして全然違う回答になってしまっていたのでは、性格に矛盾が生じているとみなされて、とても印象が悪くなります。
そうならないようにするための、しっかり回答は覚えておくようにしてください。

●何回か事前に練習しておき慣れること!

ではどのようにすれば、面接の性格テストで矛盾が生じないようになるかと言いますと、それにはやはり事前にある程度性格テストの練習をして、回答に慣れさせるしかありません。
事前に練習しておけば身体に自分はそういう性格であると覚えさせることができるようなり、矛盾が生じなくなります。
面接前に一度練習しておくと良いでしょう。

面接前での性格テスト対策3,面接でも回答通りの性格を演じる

面接の性格テストの回答と、面接での雰囲気が全然違うというのも問題です。
面接の性格テストでは、誰にでも積極的に話しかける社交的な人物になるように回答していて、面接では人見知り全開で会話がはずまなかったりしたら、そこで矛盾が生じてしまいます。
それでは結局印象が悪くなってしまうでしょう。

●企業が求めている人物像と自分の性格を照らし合わせること!

そうならないようにするためには、会社が欲しがる人材像と、自分の元々の性格と照らし合わせて、なるべく自分の性格から遠く離れないようなところで、会社が欲しがる人材像に近づけて回答するようにすれば良いでしょう。
遠く離れすぎると必ず矛盾が生じて、性格テストの結果を通して面接の印象が悪くなります。
しかし会社の欲しがらない人材像では意味がありません。
ですから、上手くバランスをとって、矛盾が生じない程度にアピールすると良いでしょう。

面接での性格テストに回答する際は矛盾が生じないよう注意すること!

以上、面接での性格テストに回答する際の注意点のご紹介でした。
これらの点を意識していけば、面接での性格テストを通して印象を良くしていくことが出来るでしょう。
性格の面で評価されるというのは就活ではとても大切なことになりますので、しっかり注意していってください。