面接での自己紹介と自己PRの違い | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接での自己紹介と自己PRの違い

面接では自己紹介と自己PRが混同している方が散見されます。
しかし、そうして自己紹介と自己PRを混同してしまうと、どちらにおいても的確なアピールができず、マイナス評価に繋がります。
ここではそうならないように、面接での自己紹介と自己PRの正しい使い方を紹介します。

面接での自己紹介は自分を紹介する

megaphone-50092_960_720
面接での自己紹介で、自己PRのように、「こんな能力があります。」「こんなことができます。」などというようの自分をアピールしていくのは良くありません。
面接で見られているのはあくまでもコミュニケーション能力です。
自己紹介をお願いされているのに、自分のアピールばかりされていたら、決してコミュニケーション能力が高い人には見えませんよね。

●面接での自己紹介は普通の会話だと思うことが大切!

面接を普通の会話に置き換えると、自己紹介ではどうするべきか見えてくるでしょう。
普通の会話で自己紹介をお願いされたら、どんなことに興味があるとか、どんなことがすきとかそういうことを説明しますよね。
面接での自己紹介もそれと同じことなのです。自己PR以外では無駄にアピールせず自分の紹介に専念しましょう。

面接では自己紹介を自己PRにつなげれば良い!

ただそれでは「面接の貴重な時間が無駄話で終わってしまい、不完全燃焼になるのではないか…」と不安になる方もいることでしょう。
そんな方は、自己紹介からの流れで自然に自己PRにつながるように話をすればよいのです。
そうすれば変に時間をロスすることなく、スムーズかつ自然に自分をアピールすることができるようになるでしょう。

●学生時代に力を入れてきた経験を紹介しよう

では面接での自己紹介を自己PRにつなげるためにはどのようにすればよいでしょうか。それは決して難しいことではありません。
たとえばアルバイトでの経験についてアピールしたいのであれば、「私が学生時代に力を入れてきたことは○○でのアルバイトです。」などというように、力を入れてきたことを紹介すると、相手からも「具体的にそこではどんなことをしていたの?」と聞かれやすく、スムーズに自己PRにつなげやすくなります。

自己PRは相手が望む能力をアピールする!

面接での自己紹介というものは、シンプルに自分を紹介していけば良いだけですが、面接での自己PRというものはそういうわけにもいきません。
相手が望んでいる能力、こちらに求めている能力をこちらが持っていることをアピールしないとならないのが、面接での自己PRです。
ですから、自己PRを作る前にはしっかりとした準備必要になるのです。

●企業の欲しがる能力を調べてアピールしよう!!

会社の欲しがる能力をしっかり調べて、その能力を持っていることを紹介するのが面接での自己PRの正しい使い方なのです。
ですから面接の前に、会社説明会や社員の方や社長等幹部クラスのブログ、OB訪問など使えるものは何でも利用して、少しでも多くの情報を集めておきましょう。情報はしっかりと調べれば手に入るのが現代ですから。そうしてうまく自己紹介と自己PRを使い分けましょう。

面接では自己紹介を自己PRにつなげる伝え方をすると自然に自分をアピールすることができる!

以上、面接での自己紹介と自己PRの正しい使い方のご紹介でした。
面接での自己PRと自己紹介は、このように違いがはっきりしているものなので、混同してコミュニケーションがとれていない状態にならないように注意していきましょう。
適切なコミュニケーションをとり、その上でアピールするのが大切ですから。

合わせて読みたい!!

【完全保存版】就活で面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。

【完全保存版】OB訪問で聞いておきたい質問BEST 34選!

逆質問攻略!「最後に何か質問はありますか?」のうまい切り返し方法