面接での自己PRで好印象を与える方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接での自己PRで好印象を与える方法

面接での自己PRは、エントリーシートなどの文字の自己PRとはまた違ったコツがいります。
ですから面接の前にきちんとそのコツをおさえておく必要があるのです。
そこでここでは、面接での自己PRで印象をアップするためのコツを紹介していきたいと思います。

面接での自己PR方法1,エントリーシートとの共通点をアピールする

megaphone-50092_960_720
面接での自己PRのコツとしてまず最初に言えることは、エントリーシートと同じ点をアピールしていくということです。
わざわざ面接での自己PRの時間をもらったのに、エントリーシートと同じようなことを語るというのは、アリなのだろうかと考えてしまう方もいることでしょう。
ですが、その分アピールポイントが強調出来ますからむしろ同じことを話した方が印象が良くなるのです。

●丸暗記にならないように注意!!

ただし注意点があります。エントリーシートとの共通点を丸暗記にならないように注意するということです。
丸暗記になってしまうと、わざわざ面接での自己PRを設けた意味がなくなってしまいます。そ
うして印象が悪くなるでしょう。
ですから丸暗記ではなく、随所に補足をつけたしたりしながら自己PRしていくと良いですね。

面接での自己PR方法2,表情に変化をもたせる

面接での自己PRでは、表情に違いを作るようにするということも大切です。
表情がずっとおなじでは、エピソードをはなす時などに感情が伝わりづらいですし、どこが大切なのかもわからなくなりやすいです。
さらに、無表情で話すことにより、「その面接での自己PRでこれを言おうと決めた文があり、今はただそれを読んでいるだけ」という感じが強く出てしまいます。それでは印象が悪くなってしまいます。

●当時の感情に表情をあわせて語るのが効果的!

面接での自己PRでは、当時の感情に表情を合わせて語るようにするのです。
表情をつけることにより、どこが大切かも分かりやすくなりますし、読んでいる感が薄れるので印象が良くなるのです。
何かが解決したりした時には明るい表情で、困難がある時には暗い表情で、抑揚をつけてしゃべるようにしていきましょう。

面接での自己PR方法3,冒頭と最後はゆっくり話す

面接での自己PRでは、ゆっくり話すことがとても大切になります。
ついつい緊張していたりするとはやくしゃべりがちになってしまいますが、早く話てしますと話の内容があまり頭に入ってこないようになります。
話が頭に入ってこないのであれば、面接での自己PRの意味がありませんよね。
ですから、そうならないように、特に冒頭と最後はゆっくり話すようにしてください。

●アピールポイントと熱意を強調出来る!

冒頭と最後をゆっくりしゃべるようにすると、その分だけアピールポイントを強調出来るようになります。
最後の部分ではどういうところにそのアピールポイントを活かしたいかを語る人も多いでしょうから、そこも強調でき、熱意もより伝わりやすくなります。
そうして良い効果を生むので、全体的にゆっくり、最初と最後はさらにゆっくりしゃべるようにしてください。

面接での自己PRで重要なのは話すスピード!冒頭と最後はゆっくり話すこと

以上、面接での自己PRで印象をアップするためのコツのご紹介でした。
面接での自己PRは決して特別なことはなく、難しいコツではありません。ですがこれらの面接での自己PRのコツを身に着けたいと思ったらある程度の練習が必要です。しっかり練習して身に着けてから面接に臨みましょう。