面接でキャリアプランについて聞かれた際の答え方のコツ | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接でキャリアプランについて聞かれた際の答え方のコツ

面接でキャリアプランについて聞かれた際の答え方のコツについてご紹介します。
面接でよく聞かれる質問の中に、あなたの将来的なキャリアプランについてというものがあります。
キャリアプランというのは会社にとってもあなた自身にとっても考えなければならない重要なキーワードです。

面接突破のコツ1,会社の事業計画などに合わせて答える

hot-air-balloons-439331_640
面接でキャリアプランを聞かれたら、5年後10年後の会社の事業計画と照らし合わせて答えるというのが有効です。
5年後10年後、面接を受けている会社がまったく計画もしていないような突拍子もないようなことをしたいのであれば、何故この会社を受けたの?ということになってしまいます。
ですから、会社のプランに合わせるというのはすごく大切なのです。

~企業研究から会社が目指す将来的な目標を理解することが重要~

会社のプランに合わせると、きちんとその会社の将来的な目標を理解しているという企業研究の成果が伝わりますし、印象は間違いなく良くなるでしょう。
キャリアプランを聞くというのは、そうして企業研究をどのくらいしているかというところから熱意を見ようという意図もあります。
その意図を理解した回答を用意しておくと良いです。

面接突破のコツ2,将来その会社働く姿を具体的に想像する

5年後10年後の会社の事業計画を調べ上げ、それに同調して答えるだけだと、面接でのキャリアプランの質問への答え方としてはまだちょっと弱いです。
面接でのキャリアプランの質問により印象良く答えるためには、そこでどんなことをしているかということを明確にしていく必要があるのです。

~今ある自分の能力が将来どのように活かせるのか事業計画と照らし合わせながら考える~

今ある自分の能力の中からどんなところがもっと磨けているか、どんなところがどんな風に活かせるか、調べ上げた事業計画と照らしながら考えて、具体的にどんなところでどんな活躍しているかを明確にしましょう。
たとえば「今ある人と人との間を取り持つ能力を5年間でもっと磨き、5年後10年後にもっと拡大しているであろうBtoC事業でチームリーダーとして育成に力を入れていきたいと思っています。」などといった答え方が挙げられます。

面接突破のコツ3,キャリアプランに説得性を持たせること!

面接でのキャリアプランの質問では、それを実現するための努力を語るようにするというのも大切です。
ただ会社がこういう事業に取り組んでいるだろうし、自分にもこういう能力があるからそこでこんなことをしているだろうと答えるだけでは、本当にそこでそれをしてくれるのか説得力が出ません。
説得力が出ないと、面接でのキャリアプランの質問での熱意もあまり感じなくなるでしょう。

~キャリアプランを実現させるために必要な過程を具体的に呈示すること!~

そうならないようにするためには、「それを実現するためには、まず数年の間はこんな事業でこんな努力をして、それからまた次にこんな風に努力をして…」といったように、そこまでの努力のプランも語っていく必要があるのです。
そこまで語れば間違いなく本気度は伝わり、面接のキャリアプランの質問に対しての効果的な答えとなるでしょう。

面接でキャリアプランについて聞かれた場合は説得力のある回答を心掛けること

以上、面接でキャリアプランを聞かれた際の答え方のコツのご紹介でした。
面接でのキャリアプランの質問は、本気度を図る質問です。
本気ならば企業研究もきちんとするものですし、将来のプランのきちんと描いているものです。
どんな会社でも本気の人に来てほしいと思うものですから、多くの面接でこうして本気度をはかるキャリアプランに関する質問をしてくるのでしょう。
本気度をはかるという意図があることが分かれば、より本気度をアピールできるここまで紹介してきた答え方のコツがどれだけ有効か分かりますよね。
これらのコツを参考にうまく本気度が伝わるような回答を用意してみてください。