面接で使える!長所・短所の回答例 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接で使える!長所・短所の回答例

面接の回答例を参考に本番に向けての対策を練りましょう。
面接の対策として回答例を参考に自分オリジナルの回答を作っておくという手段があります。
ここでは面接でよく聞かれる「長所と短所」について聞かれた場合の回答例をご紹介します。ぜひ、回答例を参考にしてみてください。

面接でどんな回答をすることがベスト?

cc-library010009507

就職活動において面接は避けては通れないものですが、その中で高確率で質問されるのが「あなたの長所・短所は何ですか?」という質問です。
今回はこの質問に対してどう答えるのがいいのか、回答例を交えてご紹介します。

●長所であれ短所であれプラス方向に持っていく必要性がある

まず回答例を出す前に、面接においてこの質問への答え方は長所であれ短所であれプラス方向に持っていくことにあります。
長所はもともとプラスな部分だけど短所をプラスに?と思うかもしれませんがそこが大切なんです。
たただのネガティブな短所にするのではなく、ポジティブな短所にすることが採用担当へアピールする鍵となるのです。
では実際に回答例をご紹介していきましょう。

あなたの長所は?に対しての回答例!

まずは面接において長所を聞かれたときの回答例をご紹介します。

【真面目であること】
「自分に対する期待に答えたいという想いが人一倍強いので、
少しでもいい結果が残せるように努力を惜しまない性格です。
与えられ仕事は常に真面目に取り組みます。」

【協調性がある】
「世の中のほとんどのことは1人で成し遂げることは不可能なため大切なのは協調性と考えています。
そのため常にコミュニケーションをとり良い人間関係を築く能力に長けています。」

●入社後にその長所を仕事で活かせることをアピール

以上が面接における長所を聞かれたときの回答例です。
大切なのはこの長所は業務上で活かすことができますよとさりげなくアピールすることです。”

あなたの短所は?に対しての回答例!

前項に続き面接において短所を聞かれたときの回答例をご紹介します。

【人より行動が遅い】
「私は物事に対して深く納得理解してから行動に移すタイプなので、人よりも行動が遅いことがあります。
やらなければならないことにしっかりと優先順位をつけ、行動に移す早さを高めたいと考えています。」

【八方美人】
「人とのコミュニケーションを取ることが好きなので、八方美人と捉えられることもあります。
そのため周囲に誤解を与えぬよう自分の意見をしっかりと持ち、周りに流されない人間でありたいと考えております。」

●短所をプラスに持っていくことが好印象を与える鍵

以上が面接において短所を聞かれたときの回答例です。
お気づきでしょうか?一見短所を述べているように見えて実は長所をアピールしているのです。
このように短所をプラスに持っていくことが好印象を与える鍵となっています。”

面接の回答例を参考にする+客観的な意見を取り入れ対策を練る

いかがでしょうか?今回は面接において長所短所について聞かれたときの回答例をご紹介しました。
長所と短所は面接において高確率できかれるので、回答例をもとにして回答を作っておきましょう。

自分の長所や短所が分からない、という人は。一番早い方法が周囲に自分の評価をしてもらうことでしょう。
家族や友人といった自分の身近にいる人は必ず長所や短所に気づいてくれています。
自分ではなかなか気づきづらいものなので、思い切って聞いてみるといいでしょう。
それに加え自己分析をしていくつか長所と短所が見つかれば、回答を作り出すのはより簡単になるので時間をかけて行ってください。