面接を突破するための3つの方法とは | 新卒就活.com

2016/09/06更新

面接を突破するための3つの方法とは

面接を突破するための3つの方法についてご紹介します。
面接は就活生にとって避けては通れない関門です。
面接を行わない企業はまずありません。
就活生の人柄・能力などを判断するのに最も最適な選考手段だからです。
面接を通らなけれればまず内定を獲得するのは難しいでしょう。

面接を突破する方法1,マナーの確認

people-690810_640
面接を受けるに当たって、気をつけたい注意点がいくつかあります。
本番で失敗しないためには、それらの注意点を事前に確認しておく事が有効な方法と言えます。
まずはインターネットなどで、面接の心構えや注意点に関する情報を探しましょう。
おすすめなのは各種の就職・転職サイトです。
就職の第一歩となる応募の方法から、履歴書の書き方、面接での服装や受け方の注意点、良く聞かれる質問など、就職に役立つ情報が満載です。
そのような情報を見て準備しておけば、面接での失敗を事前に防げます。
特に服装は要チェック事項です。以下は面接に関して最低限確認しておきたいポイントです。

●就職・転職サイトから面接における注意点を探すこと!

・面接に適した服装
・面接の流れ
・面接に相応しい言葉使いと話し方
・挨拶の仕方(部屋の入り方、終了時の挨拶など)
・面接で好印象を与える方法
・面接の心構え

面接を突破する方法2,履歴書に沿った回答を準備

面接では必ず聞かれる質問というものがあります。
中でも志望の動機は必ず聞かれる質問のひとつです。
履歴書に書いた志望動機の内容に沿って、しっかりした回答を準備しておきましょう。

●志望動機は必ず聞かれる!企業研究を重ねて会社に対する興味を具体的にすること

何よりもその会社の情報を調べ、どこに魅力または興味を感じたのかを詳細に述べられる様にしておきましょう。
また志望の動機として、その会社でやってみたい事を述べるのは、意欲を示す方法のひとつになります。
面接では、長所や特技と言ったアピールポイントも必ず聞かれる質問です。
自分では分かりにくいものですが、文例などを参考にまとめておきましょう。
学生時代に培った経験、趣味・サークル・バイトなどでの成功体験なども交えて話せば、興味を持ってもらえる有効な方法と言えます。
以下は聞かれやすい質問例です。

【よく聞かれる質問例】

・志望の動機
・その会社でどんなことがをしたいのか
・自分の長所、短所
・特技、趣味
・自分の好きな所、嫌いな所
・自分のPRポイント
・好きな本
・最近気になったニュース など”

面接を突破する方法3,練習を重ねる

面接の知識を増やしてその注意ポイントを確認し、質問への回答を準備したら、次は面接の練習をしておくと良いでしょう。
シミュレーションする事は、本番に強くなるための有効な方法のひとつです。
面接では、緊張して上手く話せないかもしれません。
せっかく質問の回答を用意しても、肝心の本番では思うことの半分も話せないと言った状態では、苦労も水の泡となってしまいます。

●客観的な意見を取り入れて改善を重ねていくことが重要!

友人などと一緒にロールプレーイングを行う方法は、大変有効な手段です。
何回も繰り返し、質問事項なども変化をもたせて練習してみましょう。
お互いに感想などを述べ合えば、修正すべき点も見つかり、面接での失敗を未然に防げることもあるでしょう。
練習の繰り返しで、面接の場に慣れておきましょう。

面接を突破する方法は事前の準備と練習の積み重ねが重要!

このように面接に失敗しないためには、事前の準備が大変重要です。
マナーの確認・回答の用意・練習の積み重ねといった事前の準備が重要!
上記に挙げた3つの方法を参考に準備を整え、自信を持って面接に挑みましょう。
本番前に自信が持てれば、堂々とした姿勢が好印象となり、仕事を任せてみたいと言う期待感に繋がる可能性があります。

たとえ本番で緊張しても、練習で培った経験が必ず役立つでしょう。
また思わぬ質問を受けても、練習で対処の方法に慣れていれば大きな失敗は避けられます。
しかし事前の準備が整っていないと、頭が真っ白になって何も答えられなかった…と言った失敗があるかもしれません。
面接の前にやっておけることは、しっかり実践しておきましょう。
それが面接に成功し採用を勝ち取るための、第一歩と言えるでしょう。