面接で好印象を与えて採用へ繋げる方法 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接で好印象を与えて採用へ繋げる方法

面接で好印象を与えて採用へ繋げる方法をお教えします。面接で好印象を与えて採用へ繋げる方法を知っていれば、今後の就職活動もうまく行くことでしょう。面接でいつも落ちてしまう人は今後の参考にしてください。採用に繋げるために、面接官へアピールして行きましょう。

面接で重視されているのは見た目の印象

handshake-526408_640

企業の面接活動で最も重視されているといっても過言ではないのが、見た目の印象です。

すなわち、面接官に対して好印象を与えることができれば、合格を手にする確率もグンと上がります。見た目の印象とは身だしなみや喋っている時の態度などが該当しますが、職種にもよりますが殆どの企業では対人とのやりとりが非常に多いものです。

~対人関係を大事にできるかどうかを企業に見られている~

特に相手先であれば好印象を与えていかなければ話になりません。また企業イメージにも関わってくる部分であるため、見た目の印象を重視する企業は多いです。

そのため服装に気を付けることはもちろんのこと、髪形がしっかりと整っているか、髭は伸びていないかなどを事前にしっかりと確認しましょう。

会場入りする前もネクタイが曲がっていないかなどを細かくチェックし、徹底的に身だしなみを整えてから会場入りするようにしましょう。

面接時しっかりとした態度で相手と話すこと

見た目が良くても話方やその内容によっては、相手に好印象を与えることはできません。

例えば自己PR時に自身の性格は明るいと言っているにもかかわらず、ボソボソとした話し方や俯きながら話すようでは説得力に欠けてしまいます。

言動と行動が一致しているからこそ説得力が生まれるため、自身の発言に気を付けつつ、それに伴った内容の行動を取るようにしましょう。

~面接官と目線を合わせて話すのが重要!!~

また面接官と話すときはしっかりと目線を合わせて話すことも重要となります。

もちろん緊張しながらでは相手に好印象を与えることは難しくなるため、面接時はリラックスしながら投げられた質問一つ一つに的確に答えましょう。くれぐれも横道の逸れた回答をしてしまうと、内容がいくら良くても悪い印象に繋がってしまいますので注意が必要です。

面接では意欲を見せることが好印象へとつながる

面接という場は、自分自身を企業へ売り込んでいく場であり、いわば営業と通ずる部分があります。

そこで意欲的であり、積極的である姿勢が相手へ好印象を与えるきっかけとなりますが、どのように話せばそのような姿勢をみせられるのでしょうか。

~面接先の企業情報を徹底的に調べること~

最も簡単な方法としては、面接先の企業の情報を徹底的に調べ上げることです。

そして調べた内容もしっかりと覚えておくようにしましょう。この調べるという行動は熱意や興味がなければ湧きあがらない行動となっており、製造開発している製品についてや企業理念など、なんでもいいので調べてみてください。そのことを面接官へ話すことで、手間暇かけて情報を集めたんだという好印象を与えることができます。

もちろん間違った情報を覚えて披露してしまうと失礼にあたるため、事前のリサーチは徹底的に行いましょう。

面接で好印象を与えるポイントとは企業研究をしっかり行うこと

他にも様々な注意すべきポイントがありますが、それを全て意識して行動しようにも無理があるというものです。それよりも面接時には好印象を与えることだ重要となるため、まずは見た目部分から入るのが簡単でしょう。

ここでいう見た目部分とは、服装などは勿論のこと、話し方やその態度も該当します。客観的に見て面接官に失礼なく対応できているか、印象が悪くなるような話し方はしていないかなど、、面接が終ってからでも自己分析を行うようにしましょう。

好印象を与えることが採用活動においてもっとも重視される部分です。その他の能力が劣っていても、印象さえよければ合格になってしまう企業もあるほどです。丁寧な言葉遣いや座り方、目線をしっかりと維持して話しているかなど、好印象を与える行動は多くありますので、ぜひそれを身につけて合格を勝ち取ってください。