面接で好印象を与える化粧の仕方とは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接で好印象を与える化粧の仕方とは

面接時の化粧で注意すべきポイントについてご紹介します。
女性は服装だけではなく、化粧もまた身だしなみの1つとも言えます。
普段化粧をしていない方でも、これから社会に出る準備段階である就職活動において、お化粧は必須です。ここでは面接で好印象を残せる化粧の仕方などを説明していきます。

面接時の化粧はマナーの証

pretty-woman-635258_640
まず始めに就職活動生の多くは人生で初めての面接になる方も多くいらっしゃいます。
一社会人としての第一歩を踏み出すために誰しもが通過しなければいけない面接では一、般的な常識とマナーが求められます。
服装や頭髪といった身だしなみで第一印象が決まりますので最低限のマナーの心得が必要とされます。

~濃すぎるのもスッピンもNG!化粧も見られている意識を持つこと~

特に女性の場合は髪の色やネイルなど細かい所までチェックされており中でも化粧には注意が必要となります。
面接だからと気合いを入れすぎて濃い目の化粧になったり逆に化粧をせずすっぴんで面接を受けることもふさわしくありません。
普段している化粧とは違うという事を心掛けて面接のための化粧がありますので顔の部分ごとに説明していきます。

面接時の化粧対策1,部分ごとの基本メイク

まず覚えておきたいポイントは面接時にはナチュラルな化粧が前提として考える事が大事です。
そして清潔感があり血色がよく健康的に見える化粧を最終目標として掲げます。
部分ごとに説明していきますと、

~ナチュラルメイクが基本!健康的な印象をづける!!~

1,まずベースメイクは自分の肌に近い色を選びます。
2,アイシャドウはラメやパール系、原色はNGでナチュラルなブラウン系やベージュを選びます。
3,次にマスカラは盛りすぎない事を意識して髪の色に合わせて自然な感じが出せるロングタイプを使用します。
4,つけまつ毛はNGです。あとはアイライナーやアイブローでも自然な感じを出してチークはオレンジ系やピンク系を使用して笑顔がより一層映える事を意識しましょう。
5,最後にリップはチークと口紅の色を合わせる事、これらが面接の基本メイクとなります。

面接時の化粧対策2,アプリでを使う

担当面接官は面接時に女性の化粧だけを見て選考基準にはしていませんが、中には第一印象を大事にする企業もありますので女性の場合は頭髪や服装と同じく化粧にも注意すべきです。
最近では就職活動生を応援する就活アプリがありメイク後の写真を撮影して送信すると点数で診断される便利なアプリもあります。
カモフラージュ写真のように顔を3分割に分けクイズ形式でメイク検定もできる心強い就活応援アプリも無料で登場しています。

~面接前の最終チェックを忘れずに!~

面接の日時が決まったらそれまでに本番を想定したメイクの練習もされても良いですし、面接当日も会場に着いてから面接室のドアをノックするまでにおて洗い場や手鏡や最終チェックをしていざ本番に臨まれることがベストです。

面接時の化粧はナチュラルに仕上げる!清潔感があり健康的な印象を与えよう

以上の内容をまとめますと面接時の化粧はナチュラルな感じに仕上げる事を念頭において、清潔感があり健康的に見える化粧で面接を受ける事が求められます。
リップの色一つで全体的な印象ががらりと変わってしまいますし、第一印象で元気や知性を感じさせる化粧に仕上がっていれば好印象を与えることができます。
選考基準は履歴書の内容や書き方、質問に対する返答などを総合的に見て合否の判定をされますが私はこういった人ですと理解してもらうためにもまずは見た目の第一印象も反映されます。

企業側は女性の化粧に対して可愛いく見える人を基準にはしておらず、うちに来て欲しいと思って面接してるわけですからデートや合コンの遊びのような化粧と同じ考えではいけません。
最後にナチュラルな化粧で面接に挑んで無事に内定が取れますことお祈り申し上げます。