面接で好印象を抱かせるスーツの色とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接で好印象を抱かせるスーツの色とは

面接で好印象を抱かせるスーツの色についてご紹介します。
就職活動の面接の際、いったいどういった色のスーツを着ればいいのかわからない方は必見です。
ここでは、就職活動でどういった色のスーツを着ればいいのか、そもそも面接官はどう思うのか、昨今の主流は何色なのか、を解説していきます。

面接で着用しても良いスーツの色とは??

work-993331_640

大手就職サイトでは基本的にどこも、スーツの色について、ブラック(黒)や色の濃いネイビー(濃紺)などを推奨しています。
柄物について否定的なところがほとんどです。
しかし黒のスーツというのは、マナーとしてビジネスで着用すべきではないという話も存在します。

黒や濃紺のビジネススーツ(リクルートスーツ)が適切な色~

今現在の日本で考えると、スーツの色は、大手就職サイトに書かれている黒や濃紺を着ておけば間違いありません。
前述でマナーとして黒はビジネスで着用すべきではないという話もあると述べましたが、現在日本のサラリーマンでも半数以上は黒のスーツを着ているため、黒に問題はないのです。濃紺でも問題ありません。

面接で許される黒と濃紺以外のスーツの色とは?

現在の日本の状況を見ると、就職活動の面接の際、やはり黒か濃紺を着ることが無難です。
ただほかの色のスーツを着てしまうと、それだけで落とされるかというと、そうでもありません。
ほとんどの面接官は、スーツの色で判断はしないため、常識の範囲内であれば問題ないでしょう。
では常識の範囲内というのはどこまでを指すのかというと少し難しい話ですが、チャコールグレーであれば、ほとんどの面接官は問題にしないはずです。

~チャコールグレーまでがギリギリセーフ!常識範囲内なら特に問題はない~

ちなみにチャコールグレーとは黒に近い濃い灰色のことです。
歴史的にみると、上記で述べたように黒はビジネスの場で着用すべきではないというマナーがあるため、本来はこの色がリクルートスーツであるべきなのかもしれません。

面接で着用しても失敗しないスーツの色とは?

上記でチャコールグレーならば大方問題はないと述べましたが、100パーセント大丈夫というとそうでもありません。
何度も述べているように昨今の主流は黒と濃紺です。
面接官が浅学のために、面接の席で、黒と濃紺以外はマナー違反であると考えることも全くないとは言い切れないのです。
ですからできることならチャコールグレーより、黒と濃紺を推奨します。

~9割の就活生が黒か濃紺のスーツを着ている!浮かないためにも統一させた方が無難~

スーツの色でチャコールグレーより黒と濃紺を推奨するもう一つの理由があります。それは面接の場で浮かないためです。
どういうことかといいますと、今の就活生の90パーセント以上が黒と濃紺のスーツで面接を受けます。
その際、自分だけスーツの色がほかの人と違うとき、冷静でいられるでしょうか。
場合によっては、スーツの色が違うということが不安の種になりうります。
その不安を抱えた状態で面接に臨むのは精神的にあまり推奨できません。ですから、黒や濃紺を着ることを推奨します。

面接で失敗しないスーツの色とは黒か濃紺!常識範囲内の色なら基本的に問題ナシ!

以上面接で好印象を抱かせるスーツの色についてご紹介していきました。
ここまで面接の席で着るべきスーツの色を述べました。スーツの色一つをとってもさまざまな常識やマナーがありあます。
そこでその時選ぶべきベストの色を選択するには、現在の世の中の状況をしっかり見つめることが重要かもしれません。