面接で志望動機を時間内にアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接で志望動機を時間内にアピールする方法

面接での志望動機は限られた時間の中でいかに自分をアピールできるのかと言う点が重要です。
たとえ筆記試験の成績が良かったとしても面接の印象によって、採用の可否が覆ることもあります。
自分がどれだけその会社にとってプラスとなれるのか、なぜこの会社を希望するのか志望動機を明確に表す必要があります。

面接での志望動機は自分を採用するメリットをアピールする

child-476507_640
面接と言う時間は自分に与えられた限りあるチャンスです。
どれだけ自分がその会社に入社したいと思っているかと言う熱意や、自分が入社することでその会社にとってどれだけプラスの要素となり得るのかをアピールする機会となります。
面接の時間の中でどれだけ試験官に対して自分と言う人間性を売り込み、尚且つ自分がどうしてもその会社に入りたいと思う志望動機を印象づけなければなりません。

~企業研究と自己分析は徹底的に行うこと!~

そのためにはしっかりとその会社の概要や歴史、事業形態の特徴を知り、その上でどの様な点で自分がその会社を希望しているのか志望動機を明確にしておく必要があります。
試験官にとってその受験者がどれだけ自社の特徴を理解しているのかと言うのはとても興味深いことです。
その点で言えば試験官にとってはありきたりな知識による志望動機では、逆に印象が悪くなってしまうとこも考えられます。
しっかりとその会社について理解しておく必要があります。

面接における志望動機の回答時間は短く!

面接の時間内において自分のことを好印象付けるのであれば、志望動機を問われた場合の回答時間はできる限り短い方が良いものです。
志望動機はどの様な面接においても必ずと言って良いほど問われるものです。
そのため、志望動機の問いかけにおいて返答までの時間が長くかかると言うことは面接に対して真剣に挑んでいない印象を与えてしまいます。

~スムーズに自分の思いをアピールできると面接では好印象~

志望動機に関しては事前にしっかりとその会社の概要や事業の特徴を抑え、具体的にどの様な点に興味を持ったのか、どの様な事業内容に自分も関わって行きたいと考えているのかを明確にしておく必要があります。
その上で面接において志望動機の話題となった場合には返答に詰まることなく、スムーズに自分の思いをアピールできると面接での印象も良くなり、採用に結びつくことが多くなります。

面接での自己PRで勤務時間を利用するのもアリ

会社を考える上での条件としてその勤務時間も大きな志望動機となります。
面接の場面においてその様な実際に就業する際の細かなことについてもしっかりと明確にしておく必要があります。
面接においてその場しのぎの返答をしてしまっては、後々会社にとって悪い印象を与えかねません。
そのため、細かく確認しておきたい点については事前にピックアップしておき、面接時間を有効に利用する必要があります。

~決められた時間内で仕事をこなす自信をアピールする!~

また面接時に自分をアピールするための要素としても勤務時間について触れることはメリットがあります。
仕事に対して限りなく時間を費やすことが可能であることや、決められた時間の中で仕事をやり遂げる自信があることや、限られた時間を有効に利用できる自信があること等は自分を売り込む要素にもなります。
今の時代は残業が会社にとっても、社員にとっても受け入れられない風潮です。
決められた勤務時間内で仕事をこなせる能力が必要とされます。

面接における志望動機は時間内に明確に伝える必要がある!

面接時間をいかに有効に活用できるかは、その人個人の力量にかかっています。
限られた時間の中でいかに自分と言う人間に興味を持ってもらい、期待をかけてもらえるかが重要となってきます。
その会社にとって自分がどれだけ利益をもたらせられるのか、その会社のどの様な点に惹かれて就職を希望しているのかと言う志望動機を明確に伝えることか重要です。
まずは自分を他の人より印象付けることを工夫をしてみることが大切です。