面接で志望度を問われた時の適切な答え方 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

面接で志望度を問われた時の適切な答え方

面接では、志望度を聞かれる事があります。そんな時にはどのように答えていくかすごく迷いますよね。
嘘をつくべき、そのまま答えるべきか…ここではそんな風に悩んでしまう方の為に、面接で志望度を問われた時の適切な答え方を紹介します。

面接で志望度を聞かれたときの答え方1,第一志望と答えること

time-699965_640

面接で志望度を聞かれた際には、とにかく第一志望、あるいは第一志望群ですなどと答えて、志望度が高いことをアピールしていく必要があります。
ここでは正直に答えたところでいいことはなに一つありません。
どう考えても第一志望と答え方と、8番目に志望していますと答えた方だったら前者の方と一緒に働きたいですよね。

~志望度が低くても第一志望と言うのがマナー~

志望度が低いなら、「今までの志望動機とかは本当はたいした気持ちじゃないんだね」となり、その面接でのすべての言葉の力が失われていってしまうのです。
ですから、たとえ第一志望ではないとしても、この会社が第一志望、あるいは第一志望群であると答える必要があるのです。どこの会社の面接を受けるのでも、志望度を聞かれたらそう答えるようにしていってください。

面接で志望度を聞かれたときの答え方2,他社と差別化する

ただ、面接でのそうした志望度を問う質問に対して、第一志望ですとだけ答えていても、相手はなかなか信用してくれません。
それでもこちらはそう答えるしかないのですが、信用してくれないのであれば意味がありません。こういう面接での志望度を問う質問に対しては、少しでも信用してもらえるような言葉を付け加えながら第一志望と答えるのが良いです。

~第一志望であることを相手に信用させること~

ではどういう言葉がそうした志望度の高さを証明する言葉かと言いますと「御社が第一志望です。なぜなら御社は○○という部分で他社に比べて優れているからです。」などといったような、他社との差別化を図る言葉です。

他社との差別化ができて、そこならではのいいところが言えれば、第一志望と言われても納得するでしょう。ですから、第一志望と答えつつ、それを証明する差別化の言葉も付けくわえるようにしていってください。

面接で志望度を聞かれたときの答え方3,内定が出たら就活を辞めるとアピール

さらに内定が出たら就活も辞めるつもりであるということを伝えるようにすると、ますます第一志望であることが強く伝わるようになり、面接での言葉の信用度もさらに増していきます。
志望度を問うて、第一志望であることとその理由もきちんと説明され、「第一志望ですので内定が出たら就活もやめるつもりです。」ということも伝えられたら、色々な角度から志望度も証明されて、きちんと志望度の高さが伝わっていくでしょう。

~実際に内定が出ても就活を辞める必要はない!!~

実際に内定が出ても就活を辞める必要はないわけですので、自信をもってそういうアピールをしていってください。
本当に就活を辞めるかどうかということはここではあまり関係ありません。まずは内定をもらうことが大切です。

ですからそのために面接での志望度を問う質問に対しては、とりあえず今後の就活を辞めるという言葉も付け足して第一志望であることを証明しましょう。

面接で志望度を問われたら第一志望だと答えて証明すること!!

面接で志望度を問われた時の適切な答え方のご紹介でした。面接での志望度を問う質問には、これからの就活の事と、今現在の差別化のこと、その二点から志望度の高さを証明して、しっかり熱意を伝えてあげてください。そうして相手の心をつかみましょう。