面接で成功する確率が高いやり方とは | 新卒就活.com

2016/08/31更新

面接で成功する確率が高いやり方とは

面接で成功する確率が高いやり方をまとめました。面接でなかなか受からないで困っている就活生はぜひ、読んでください。
今後の就職活動の参考になるはずですよ。希望する内定先に入社して、将来の目標を達成させましょう。
無い内定の就活生は特に必見のページです。

人任せにしない就活が面接成功の条件

60ab2a00855e1bf89be3d54adcad063a_s
就職氷河期と呼ばれた不景気な時代からようやく抜け出して、企業の採用熱が高まっていると言われます。

国立はもとより私立や地方の大学でも卒業する学生を対象にした、就職セミナーなどで面接の受け方や、自己アピールのやり方などの指導を行うところが増えてきました。

~大学を卒業したらすべての問題は自己責任!!~

しかし、ここで考えておいてほしいのは、自分の一生を決める大切な就活を、人任せにしておいてはいけません。

もちろんアルバイトやパートで働くのなら問題はなくても、就職活動生が自分勝手に面接を受けるようなことはルール違反ですから、ある程度は決められたレールに沿って自分勝手なやり方をしてしまうのは問題です。

ただし、自分が就職する企業を選ぶときに、学校側の担当者に勧められたからという理由だけで決めてしまうようでは困ります。”

面接中は決められたルールで自分らしさを発揮するのが良いやり方

ある就活セミナーではこれから企業の面接を受けようとする就活生に、出来るだけ自分の個性を相手に見せないようにすることを指導しているそうです。

これは、まだ一人前ンの社会人として通用するかどうか疑わしい就活生に、当たり障りのない面接のやり方を覚えてもらおうという「守りの就活」を教えているわけです。

~面接官は毎日就活生を相手にしている!!他と同じ受け答えはNG!!~

しかし、相手は日に何十人もの就活生を相手にしている人事の担当者ですから、やってくる面接希望者の大半が同じような服装、同じような受け答えをしていると、これはどこそこのセミナーを受講しているな、とすぐに見破られてしまいます。

やはり、自分の将来を決める就活は、自分なりのやり方を取り入れてアピールすることも必要なのではないでしょうか。

就活は自分らしさをアピール出来るかで決まる!!

flower-399409_640

面接で成功するためには「自分本来の長所を知ってもらうこと」だと言いますが、面接を受けに来る就活生を見ていると、どうもこの言葉を勘違いしている人がいるようです。

自分では面接を受けるときに何の努力も準備もせず、「さあ、俺の良いところを見つけてみろ」と斜に構えている就活生が、生き馬の目を抜く現代社会で企業に採用されるはずがありません。

~面接中は人と違うやり方でアピールするのが大事!!~

成功する就活を目指すなら、自分の良いところを面接担当者に探させるという間違いを犯すのではなく、人と違うやり方を見つけて積極的にアピールするべきです。

自分の長所と言うのは自分自身ではなかなか自覚することはできないものですが、ある意味その場限りのブラフでも構わないので、どんどん面接の担当者にアピールするやり方を身につけてほしいものです。

就活の面接で成功するには人と違うやり方で自分らしさをアピールすること

何事も「他力本願」では上手くいかないのは、就活生が自分の人生を預けることになる企業を選ぶ時も同じです。
社会人としても実績ななにもなくても自分にとってその企業や魅力的に見えるかどうかで、面接を受けるかどうか選択するのは、就活で成功するやり方の基本です。

もっとも最近は学生がバイトで自分の生活を賄いながら学業に励む光景が、すっかり当たり前になっていますから、ある程度の社会経験を持っている人がほとんどだと思います。

逆に言うと、世の中のことがある程度見えているだけに、就活の時にも大胆になり切れない部分があるのだと思います、もっと面接担当者の度肝を抜くようなやり方があってもよいのではないでしょうか。

それに、面接を受けるときにその就活生が、ある意味小さくまとまって完成しているようでは、面接を行う担当者のほうでも、これから企業の一員として活躍してくれる人材を発見する楽しみが半減してしまうということも事実です。