面接で最近読んだ本を聞かれた時の対処法 | 新卒就活.com

2015/08/28更新

面接で最近読んだ本を聞かれた時の対処法

面接で最近読んだ本を聞かれた時の対処法をお教えします。
面接で最近読んだ本を聞かれた時の対処法を知っていれば就職活動をスムーズに進める事が出来ます。
どうしても志望企業に内定したい方は面接で最近読んだ本を聞かれた時の対処法をチェックして、本番に臨みましょう。就活生は要チェックのページです。

面接で「最近読んだ本」を聞く理由とは

read-259169_640

就活の面接でのこの質問は、面接では定番の質問と言って良いかもしれません。
それぐらい、多くの面接官が応募者に対して聞いてくるのです。そんな時についつい答えに困ってしまう応募者も、多いのではないでしょうか。

そもそもどんな意図でこのような質問をするのか、そして、どう答えるのがベストの回答なのでしょうか。

~緊張をほぐすため・興味分野をきくため・一般教養として聞いている~

・緊張をほぐすための世間話
・回答者の興味分野(どの分野が好きか)
・一般教養

この3つのポイントを企業は見極め、その人材が自社にとって有益なのかという点をポイントにしていますので、意外と大事な質問だということは、理解しておきましょう。
本当に最近読んだ本が気になって面接官も質問している訳ではないので、その意図を把握しましょう。

目の前に対峙した初対面の人の思考や興味の対象を探るために、最近読んだ本は何かを質問するという方法を採ることができます。

面接官に好印象を与えられる最近読んだ本とは

面接で「最近読んだ本は何ですか?」と面接官に聞かれた時に、実際にちゃんと最近読んだ本があるのなら、それを正直に答えるのが良いでしょう。

小説、ビジネス書、自己啓発書など、本のジャンルは何でも良いのです。

本に関する質問で、好印象を残す事が出来るのは、具体的にどんな本でどの様な答え方なのでしょうか。

~どんな本を話しても良いがどんな内容で何を考えたのかをしっかりと答えよう~

面接前に読むべき本の選び方を見ていきましょう。単純に本の名前だけが知りたいわけではありません。また、面接の答えは一問一答ではありません。

「○○を読みました」の後には必ず踏み込んだ質問が返ってきますので、具体的な答え方で簡潔に伝えるようにしましょう。

面接官が知りたいのは、本の名前ではなく、その先の話です。「最近読んだ本」の質問にきちんと答えられるようにしておきましょう。

面接であまりおすすめしない「最近読んだ本」への回答とは

日常生活で本そのものをあまり読まない人は面接時に「最近読んだ本は何ですか?」と聞かれて答えられるはずもありません。

読んだ事の無い本を答えて、内容に関しての話を聞かれたら、それこそ元も子もありません。そんな時の為に、就活時期には何か一冊でも答えられるような本を読んでおく事をおすすめします。

「最近読んだ本は何ですか?」これに対し、面接官が求めている回答は、どんなジャンルのどんな本でも良いのです。

きちんと目的があって読んでいる本であれば、何でも構いません。

あくまでもイメージであり、どんな目的を持ってその本を読んでいるかを聞きたいだけなのですから。とはいえ、イメージダウンになってしまう回答もありますので、ここでそんな例をしっかりと覚えておきましょう。

~あまり本が好きではないと回答するのはNG!!2~3冊は読もう~

これに対し「ほとんど読むことがありません」と回答するのは避けるべきです。そこで正直に答えてしまうと、普段から意欲のない人材だという評価になり兼ねません。

また雑誌は読書に数えないでください。面接対策として事前に担任と相談して本を2〜3冊読んでおくことをオススメします。その際、感想文を書いてみてきちんと頭に入っているか確認すると良いでしょう。

面接で最近読んだ本を聞かれた時に答えられるよう1冊でも読むようにする!!的確に答えよう

いかがでしょうか。「最近読んだ本は何ですか?」この質問は以外と奥が深く、やはり適当な回答は避けるべきです。

少なくとも、就職活動期間中は、1冊でも本を読み、こうした質問にも的確に答えていく必要がありますね。