面接で短所を聞かれたときの上手な答え方とは | 新卒就活.com

2015/09/10更新

面接で短所を聞かれたときの上手な答え方とは

面接で短所を聞かれたときの上手な答え方をご存知ですか?
面接は就活生にとって避けては通れない関門です。ですが突破しなければ内定を勝ち取ることができません。
そんな面接でよく聞かれる「短所」に対する答え方をご紹介します。
ぜひ参考にして有意義な就職活動を行って下さい。

面接での短所の答え方その1, 正直に説明する

tree-164915_640
面接は自分を面接官に売り込むための場です。したがって、基本的には自分の長所を説明しないといけません。
しかし、面接では短所を問われることも少なくありません。
思わず、短所などありません、という答え方をしてしまいたくなりますが、それはNGです。
短所の無い人間などいませんから、嘘をついていることになってしまいます。短所は正直に答えるべきです。

~自己分析をして短所を明確にすること!~

短所に気づいていなければ、短所をカバーすることも、短所を周囲に伝えて助けを求めることもできません。
短所に気づいている人は、短所に気づいていない人よりも、一歩先を行っていると言えるのです。
短所にきちんと気付けている学生はそれほど多くありませんし、周囲の学生と差をつけるためにも、正直な答え方を心がけましょう。

面接での短所の答え方その2,失敗例を挙げる

短所の答え方に限らず、面接では実体験に基づいた具体的な説明をするほうが好まれます。
内定欲しさに架空のアピールをする学生も多いですから、面接官も学生の説明の真実味に注目しています。
短所を答える際は、どのような短所が原因で、どのような失敗をしたかを詳しく語るようにしましょう。

~短所の改善案を説明すると好印象!!~

ただ、失敗だけを説明する答え方だと、マイナス思考のような印象を与える可能性があります。
失敗談を説明した後には、どのようにすれば失敗を防げたかという改善案を説明する必要があります。
具体的な改善案を示せれば、短所をどんどん改善していける優秀な人材という印象を面接官に与えられます。
特に新卒採用の場合はポテンシャルが重要視されますから、今後の成長の可能性を感じさせるのは大事です。

面接での短所の答え方その3,他己分析をする

人間は意外と自分自身のことがよく分かっていなかったりします。
自分一人で考えていても、自分の短所の全てに気付けるわけではありません。
そこで効果を発揮するのが他己分析です。
面接で短所を聞かれた際も、友人からはここが短所だと指摘されたことがあります、といった答え方をして、他己分析に触れるようにしましょう。

~客観的な意見を取り入れてアピール!!~

社会人になると、学生のとき以上に、周囲の人間の言葉に耳を傾けなければいけない場面が増えます。
ときには短所を厳しく批判されることもあります。
面接では、社会人になったとき、その学生が周囲の意見を取り入れられるかを見ています。
他己分析を取り入れた短所の答え方をすれば、周囲の意見を取り入れる能力のアピールになり、内定に近づけます。
行い

面接での短所の答え方は改善策と客観的な意見を取り入れることがポイント!!

面接では長所だけを説明したいものですが、面接官から短所を聞かれることもよくあります。
その際の答え方のポイントは3つです。

1つ目のポイントは、短所を隠そうとせず、むしろ堂々と正直に短所を説明すること。
2つ目のポイントは、真実味を出すために具体的な失敗談を通して短所を説明すること。
3つ目のポイントは、周囲の人から指摘された短所について説明すること。

これらのポイントに気をつけた短所の答え方をすれば、短所を的確に把握し上手に短所とつきあっていける優秀な人材だと面接官に認識してもらえます。
学生のうちに失敗に気づいておけば、社会人になってからの失敗率を下げることができ、スタートダッシュに成功します。自分の短所を見つめるのは楽しいものではありませんが、将来のためにも今やっておきましょう。