面接で短所を聞かれた際におせっかいと答える際のポイント | 新卒就活.com

2015/11/10更新

面接で短所を聞かれた際におせっかいと答える際のポイント

自己分析で、自分がおせっかいと気づく人も、自覚があってもやっている人もいます。
一見短所と思われがちな特性ですが、視点を変えれば長所になる場合も多く、面接では武器になり得ます。
そんな、個人の特性をプラスにする方法を探っていきます。

面接ではおせっかいという短所を長所に変換すること

smile-191626_640
おせっかいと言うのは、必要以上にやいてしまえば短所となりますが、適切にコントロールすれば面倒見が出来ると言う長所になります。
つまり長所にするだけの素質があると言うことなのです。
また、それだけ周囲に目配りや気配りが出来ていると言う事でもあり、物事を把握する能力にも優れていると言うことです。

~短所は長所の裏返し!おせっかいを面倒見のある気配り上手に~

企業でも新人教育や、業務のサポートに行かせる能力であり、面接の際はその点をアピールしていくと好感を得やすくなります。
おせっかいと言うことは他人の行動に興味を持って仕事が出来ると言う長所になるのです。
これは短所ではなく、明らかに長所であり、面接でのアピールポイントになります。
必要なのは自分を必要以上に貶めるのではなく、周囲の反感を買わない程度に抑える訓練をすることです。

面接ではおせっかいという短所を活かした職務を希望する

おせっかいであると言う特性を活かし、就職を希望する企業の中でも新人研修を担当するような、人事、教育関連の配属を希望するのも一つの方法です。
社内で働くうえでビジョンがある事も面接の際のプラスになります。
自分のおせっかいさと、社内の利益と両方にかなったものであれば、短所と呼べるものはなくなります。
また、企業内ではチームワークが重要になることがほとんであり、自分を職場の調整役として位置づけすることが出来れば、円滑な社内関係の構築になくてはならない存在になれます。

~短所であるおせっかいを企業でプラスに活かせる方法を呈示する!~

社風によっても異なりますが、人間関係の構築が苦手な人はどうしてもいるものです。
人によって短所と思われても、結果を出せば見方が変わるものです。
学生時代に飲み会の幹事等をよく引き受けていたなどと言った逸話も、人望がある証拠として受け止められ、面接のプラスになります。

面接でおせっかいを短所と答える際の注意点について

面接の際におせっかいを長所にする方法を述べてきましたが、おせっかいだからこそ気を付けたいポイントもあります。
それは、些細なミスが目立ってしまうことです。
他人に目配りが出来ても、自分がしっかりしていないようでは注意力が散漫な人物ととられかねないのです。これははっきりとした短所と捉えられます。

~まずは自分のことが最低限できているか確認しよう!~

特に気を付けたいのは服装の乱れです。面接の際は第一印象が重要なポイントを占めるため、悪目立ちしてしまうのは厳禁です。
また、椅子を勧められた際の座り方など、基本的なこともチェックが必要です。
自分のことが最低限できていることが前提に、短所が長所に替わるのです。
他の就活生の行動が気になっても、まず見直すべきは自分です。
他人に気を配るのは、自分に余裕がある時と覚えることも重要です。

面接ではおせっかいという短所を長所へ変換させる話し方がポイント

おせっかいは決して短所ではなく、長所の卵と言えるものです。
また、人によって印象の捉え方も変わり、時間経過や結果によっても評価話変わります。あまりとらわれ過ぎずに、前向きに面接に挑むことが重要です。
また、人の世話をやくのは、チームワークで助け合いが必要な場合と、個人で頑張らなければいけない場合では、やいていいタイミングが違います。
特に社会生活では成果が求められるため、その点も注意をして挑むことも重要なのです。