面接で緊張して涙を流さないための対策 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

面接で緊張して涙を流さないための対策

面接で緊張してしまったばかりに、涙をながしてしまうということがあるようです。
第一志望の企業の為に、いくら面接対策をしていても涙をみせてしまっては採用の確率は減ってしまいます。
ここでは、面接の際に、緊張しても涙をみせないための対策を紹介します。

面接で緊張して涙を流さないための対策1,全員緊張していると思いこむ

crying-2856_640
就職活動中、面接というのは何度も経験することです。もちろん、緊張してしまうのはしかたのないことです。
面接は緊張するものです。いくら慣れている人でも、緊張しないということはありません。
「自分だけではなくみんな緊張しているんだ」と思って面接に望むと少しは楽になるかもしれませんよ。

~涙を流すと根性がないというマイナスな印象を与えてしまう~

いくら面接に緊張したからといっても涙を流してはいけません。面接官も、貴方の涙をみて「この子は根性のない子なんだ」という印象を持ってしまうでしょう。そうなってしまったら採用は大きく遠のいてしまいます。面接で涙を流さないために、事前に対策を練っておきましょう。

面接で緊張して涙を流さないための対策2,場数を踏む

緊張のあまり涙を流さないよう、しっかり対策をたてましょう。
やはり、面接というのは練習あるのみです。何度もシュミレーションを重ねることが重要になってきます。

~模擬面接を何度も繰り返し行うこと!~

場数を踏むとういのはどのような事においても自分の力になります。
企業の面接を受ける前に、友人や大学の先生に「模擬面接」のような形で練習を手伝ってもらいましょう。
部屋に入る所から、退出するまで全ての流れを経験するのです。
何度もやっているうちに身体が自然と動くようになり、最初よりは熟れたように見える事でしょう。

面接で緊張して涙を流さないための対策3,質問を予想して回答を作成する

次に大事なのは、聞かれるであろう質問をあらかじめ予想することです。
涙を流してしまう人の多くは、予想もしてない質問がきてパニックになっているのです。
パニックで涙みせないようにするためにも、出来る限りの質問と回答を予想しておきましょう。

~声に出して読んでみること!~

質問と回答を予想したら、それを書き出し実際に声に出して読んでみましょう。
考えているだけと、声に出してみるのとではまるで印象が変わってきます。
一度、文章にまとめたものを添削する意味でも、声に出して読んでみましょう。

面接で緊張して涙を流さないための対策4,他の企業で実践する

ここまで準備ができたら後は本番のように面接を受けるしかありません。第一志望の企業を受ける前に、どこか違う企業の面接を受けてみましょう。
もし、緊張やパニックで涙を流してしまっても第一志望ではないのですから焦る必要はありません。

~失敗した原因を突き詰めて改善策を練ることが大事~

失敗した経験を次ぎにいかせば良いのです。「どのような時に涙を流したか」「自分がうまく出来ていなかった部分」など振り返ってみて対策をたてましょう。
実践してみることで緊張にも少しは慣れると思いますよ。

面接で緊張して涙を流さないためには場数を踏んで少しでも慣れること

面接で緊張して涙を流さない為には、それまでの練習とある程度の慣れが重要となってきます。
企業研究をしっかりすることで、何を質問されても答えられるようにしておきましょう。
もし、予想もしてない質問がきたら素直に思ったことを言うのが一番です。
変に考えてパニックにならないよう落ち着いて面接に望んでください。