面接で緊張しないための心得3ポイント | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接で緊張しないための心得3ポイント

面接で緊張しないための心得3ポイントをお教えします。面接で緊張してしまってうまくいなかった…という人は多いのではないでしょうか。面接で緊張しないための心得を知っていれば、今後の就職活動もうまく行くはずです。就活生にはオススメのページです。ぜひ参考にしてくださいね。

面接で緊張しないための心得1,完璧な回答は好まれない

fcc9f346bf9801a9a12f000c80e7081d_s

就活の面接で緊張しないためには、就活の面接でどういう回答が求められているのかを知る必要があるでしょう。

緊張するというのは、失敗できないと思うから緊張するのしょう。ですが、就活の面接では別に完璧な回答というのは求められていません。

つまり失敗しても良いどころか、失敗大歓迎なのです。

~面接ではその人との素をみたいと思って行われるもの!!機械的な回答は好まれない~

面接は、その人との素の部分と会話したいと思って行われるものです。だから、完璧で機械的な回答は逆に好まれません。

つまり、答えにつまっても自分の言葉で答えれば、問題ないのです。そう考えると緊張しないようになりませんか。自分なりの回答を自分のペースで答えれば良いのですから。

面接で緊張しないための心得2,他の企業のいいところも考える

どうしてもその会社に入りたいと思うと、それがプレッシャーになり面接でも緊張してしまうものです。

緊張しないためには、その企業だけでなく、他の企業のいいところも面接前に考える必要があります。

~他の企業の良いところが見えてくれば面接も気楽に切り抜けられる~

そうして他の企業のいいところがみえてくると「落ちたらそこで頑張ろう」と思えるようになり、面接も気楽に頑張れるようになるはずです。

実際に、もしそこがだめでもまた次に頑張れば良いのです。素敵な企業はその企業だけでは絶対にないです。だから何もそこにこだわる必要はないのです。そう考えると、緊張しないで面接にのぞむことが出来るでしょう。

面接で緊張しないための心得3,面接官は会社以外では普通の人と思う

99d22ef06245a3ce1305ddb23bd28c49_s

シンプルに、面接官などという大人の偉そうな人と話すのが緊張するというパターンもあるでしょう。

その場合に緊張しないために有効なのが、面接官も家に帰れば家族のいる普通の方だと考えることです。

時には仲間とお酒を飲んで粗相をしたり、学生時代には好きな子に告白したり、子供にはデレデレしてみたり、そういうごくごく普通の人間なのです。

~就活生の前で偉そうにするのは仕事だから!!電車にいる普通のサラリーマンだと思おう~

面接官の顔を見たらすぐにそういう想像を巡らせるようにすると、すごくほっこりして緊張しなくなります。

「偉そうにしているけど会社以外ではそういう普通の人なんだ」と思い込んでみてください。

緊張しないで面接を受けられるようにするためには、こういう想像も大切です。

面接で緊張しないための心得は面接官を会社以外では普通の人だと考えること!!

面接で緊張しないための心得とは

・完璧な回答は好まれない
・他の企業のいいところも考える
・面接官は会社以外では普通の人と思う

です。

ここで紹介してきた面接で緊張しないための心得さえ覚えておけば、考え方ひとつでこうも緊張しないようになるものかと、自分に驚くこととなるでしょう。

難しく考えだすとキリがないですし、そうすると心がどんどんギューッとしてきて緊張も増してくるものです。

緊張していてもいいことは何もないですから、こうして少しでもリラックスさせようとこころみてください。リラックスすると表情も自然と明るくなり、なにもしていないのに好印象をのこせるようにもなるのですから。
是非参考にしてみてください。