面接で緊張しない方法5選 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接で緊張しない方法5選

面接で緊張しない方法を5つ紹介します。
面接は誰でも緊張するものです。むしろ緊張しない人なんていないと思います。
ですが、緊張し過ぎてしますと面接で失敗していまう恐れがあります。
そうならないためにも、緊張を克服して面接に挑む方法をご紹介します。

面接で緊張しない方法1,原因を探す

kermit-383370_640

面接とは今後の人生を大きく左右するものとなっているため、誰だって緊張するものです。
そして真剣であればあるほど緊張するというもの。しかし緊張のあまり思ったように話せずせっかくの採用のチャンスを逃してしまうといったことは避けたいですよね。
そこで今回は、面接で緊張しない方法をいくつかご紹介します。

●原因に応じた対策を立てる!

まず1つめの面接で緊張しない方法とは、自分のが緊張する原因を考えることです。
準備不足やそもそも人と話すのが苦手、それとも企業に対する思いが強いあまりなのかまずは緊張の原因をつきとめましょう。
人間は原因が分からないことには何も対策を打つことが出来ません。
まずは対策を打つ前に原因を追究することから始めるのです。

面接で緊張しない方法2,上手に話そうとしない

面接で緊張しない方法3つめは、上手に喋ろうとしない。
面接において大切なのは、かつぜつよく話すことではなく、いかに伝わりやすく話すことですまずは上手に喋らなければという意識を捨てましょう。

●滑舌が悪くてもしっかり話すことが大事!

上手に話すことよりも元気で明るく、ハキハキとした口調で話すのが何よりも重要です。
そういった話し方は姿勢を正すことで作ることができます。
緊張しつつもしっかりと話すことができれば、その緊張は企業への思いが強いがゆえといことが伝わり好印象を与えることができます。

面接で緊張しない方法3,自分の気持ちをさらけだす!

面接で緊張しない方法3つめは、緊張しているという自分の気持ちをさらけ出すことです。
人は自分が隠していることを相手に暴露すると気が楽になるという心理があります。
自分が緊張していることを暴露するのは抵抗がありますが、思い切って面接官に、自分は今とても緊張していますと告げましょう。
暴露することにより気が楽になり、案外その場も和むかもしれません。

●緊張に意識を集中させないこと!!

もうひとつ面接で緊張しない方法として、緊張に意識を集中しないことです。
人は緊張に意識を集中してしまうと、余計に緊張してしまうという性質があります。
しかし一度集中してしまうとなかなかその集中から離れることはできません。
そんなときは、面接官の人間観察でもすると集中から逃れることが出来ます。

面接で緊張しない方法4,脳の思い込みでほぐす!!

最後にご紹介面接で緊張しない方法は、脳の思い込みを利用して緊張をほぐす方法です。
人間の脳の思い込みというものは実はすごいパワーを持っていて、三日三晩寝ていなくても脳が眠くないと思い込めばバリバリと動くことが出来るのです。

●思い込みパターンを作る!!

その具体的な方法は、自分が緊張しないパターンを作ること。
自分は「あれ」をすれば緊張しなくなるということを脳に植えつけるのです。
例えば緊張してるときこんなことを考えると緊張がほぐれるや、あの匂いをかぐと緊張がほぐれるといったように緊張がほぐれるパターンを脳に植えつけましょう。

面接で緊張しない方法のまとめ

面接で緊張しない方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
原因を明確にすること、その原因に対する対策を立てること、上手に話すこと、緊張に意識を集中させないこと、思い込みで脳をほぐすこと、などなどご紹介していきました。
しかし注意して欲しいのが、自分は緊張していないと念じるだけではいけません。
そんなことでは脳はだまされず、逆に緊張してしまう結果になります。
いかがでしょうか?今回ご紹介した面接で緊張しない方法を実践して、採用を勝ち取りましょう!