面接で聞いてはいけないこととは?NG質問まとめ | 新卒就活.com

2016/09/01更新

面接で聞いてはいけないこととは?NG質問まとめ

面接で聞いてはいけないこととは何でしょうか?NGな質問をまとめました。面接で聞いちゃダメな事ってあるの!?と驚かれる方も多いのではないでしょうか。実は、聞けばビジネスマナー的に大変失礼になる質問ってあるんです。就活を始めたばかりの就活生は必見のページです。

面接で聞いてはいけないこと1,はじめから就業規則について聞く

621dc99a0154d54cb92a6f013441b674_s

面接の最後には「何か質問はありますか」と言われます。
この瞬間は大きな自己アピールタイムとなりますので、有効利用しましょう。

「特にありません」というのはNG、この時点で採用候補から外れる可能性があります。

~特に給料や残業・待遇についての質問を集中して聞くのはNG!!~

しかしだからと言って興味あることをなんでも質問して良い訳ではありません。
面接で聞いてはいけないことで一番重要なのは、「給料や残業など待遇に関すること」です。

給与は求人票に記載されている筈ですし、学生が入社前から残業がどれくらいあるのかを質問することは働く意欲がないのではと思われてしまいます。
新卒の場合、お金に関する内容は面接で聞いてはいけないことだと思いましょう

面接で聞いてはいけないこと2,企業研究をしていないと思われる質問

最近では殆どの企業でホームページを作成していて、企業の概要などは全てサイトを見れば分かります。

学生が質問をする際により自分がその会社に興味があることをアピールしようとして、「御社の敬遠理念はなんですか」「御社の社風はありますか」などと質問をする人がいますが、それは自分でサイトや会社案内を見て研究することであり、面接で聞いてはいけないことなのです。

~面接を受けに行く以上はしっかりと下調べをして行こう~

就活がピークに達するといちいち企業研究をするのが面倒になってしまいますが、面接をする以上必ずしっかりと下調べをしていくことが大切です。
ツメの甘さがバレてしまう質問、面接で聞いてはいけないことと覚えておきましょう。

面接で聞いてはいけないこと3,人間関係に関する質問

businessmen-42691_640

面接で聞いてはいけないことの一つとして挙げられるのが、社内の人間関係に関することです。
面接官は社会人として経験豊富ですので、色々な人間関係を経験している筈です。
会社に入れば集団行動をする中で個人の思い通りにならずにストレスを感じるのは当たり前なのです。

~チームワークが苦手なのではと心配される可能性がある!!~

入社前から人間関係を心配している学生に対しては、「チームワークが苦手なのでは」「根性がないのでは」と思われてしまうのです。

人間関係は人により相性がありますので、面接官に聞いても答えは出ません。
これから仕事をする際に余計な先入観を持ってしまう様な質問は、面接で聞いてはいけないことと覚えておきましょう。

面接で聞いてはいけないこととは就業規則や企業研究・人間関係に関する質問!!

面接で聞いてはいけないこととは就業規則や企業研究・人間関係に関する質問です。
面接で聞いてはいけないことを知って、それを聞いたところで自分にとってメリットにならないことを覚えておきましょう。

既に決まっている募集条件や、自分が不安に思っていることなどは質問をしてもマイナスイメージになってしまいます。
質問をするならば、自分にとって入社後に必要となるものを聞きだす様にしましょう。

「今後入社するに当たって必要なスキルがあれば教えて下さい」「挨拶・協調性の他に求められるものはありますか」など、今後のやる気をアピールできる内容にします。

面接で聞いてはいけないことは、面接官に対して社会の先輩として敬意を払わないことと覚えておくと良いでしょう。