面接で英語を話す必要がある場合の対策 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

面接で英語を話す必要がある場合の対策

面接で英語が必要になるケースは意外と多いものです。とくに外資系の企業の面接は、履歴書も全て英語で書いたり面接も全て英語で答えるなど、かなりの英語力が必要とされます。そこで今回は面接の際に英語を話す必要がある場合の対策について説明するのでみていきましょう。

134

英会話と面接英語の違いとは

通常の英会話と外資系などの面接で使用される英会話は違います。ビジネスで使用されるフレーズが多く使用されることもあり、事前に練習や対策をしていく方がいいのです。

その意味でも事前に勉強をして、対策をしておく必要はあります。外資系で働いていた事がある日本人でも聞いておくといいでしょう。

質問の内容はある程度決まっている

外資系の面接でまず勉強をしておきたいのがよく聞かれる質問です。日本の企業と同じように面接で聞かれる質問というものはある程度は決まっているのです。

■自己紹介 ■長所
■短所 ■志望動機
などはよく聞かれる質問なので、英語のフレーズを勉強をしておいて、自分がどう答えるのかを考えておくといいでしょう。

英語面接の対策1.書籍で勉強する

外資系企業などでの面接は全て英語でするケースが多くあります。その時に、どの様な対策をするようにしたいらいいのでしょうか?面接英語の対策としては、まず書籍を利用するのがオススメです。

使えるノウハウがたくさんある

まずは販売されている書籍を買うようにしましょう。
それらの書籍では
■外資系の面接でよく使用される英語のフレーズ
■実際の外資系の面接対策
■具体的にどのように外資系の面接で会話をすればいいのか
などについて書かれています。

業種別の単語についてもチェック

さらに、業種別の外資系で使用される英語というもは違ってきているので、業種別の使用する単語なども書かれています。

英語面接の対策2.外国人による個別レッスン

ほかにも首都圏などの大都市では、元外資系で働いていた外国人やMBAホルダーなどの外国人から外資系の面接の専門の個別レッスンやグループレッスンを受けることができます。そのようなサービスを利用するといいでしょう。

英語力のある場合は別の方法が◎

しかし、ある程度英語力がある人にはオススメしません。自分で英語の本で事前に練習や勉強をしておくほうがいいでしょう。

自分に合ったサービスを選ぼう

外資系の面接の個別レッスンなどは色々なサービスがあります。その中でも自分でサービスを取捨選択する必要があるのです。インターネット上の評判や検索を色々として自分に合うようなサービスを選ぶようにしましょう。料金なども考慮して選びたいですよね。

書籍やレッスンで英語力を身に付けて面接に臨もう!

いかがでしたでしょうか?最近は社内の公用語を英語にする日本企業も増えてきています。ぜひとも面接で自分の英語力を活かして、その企業で働けるように対策をしてみてくださいね。面接官も外国人であることが多いので、事前の対策をしっかりとしてから面接に臨むようにしましょう。