面接中に隠されている採用サインを見抜くコツ! | 新卒就活.com

2016/08/30更新

面接中に隠されている採用サインを見抜くコツ!

面接での採用のサインを見極めるポイントをいくつがご紹介します。
面接官のさりげない態度から、この面接が「採用」なのか「不採用」なのか
読み取れることができます。これを知っておけば、面接終盤までサインがないと分かれば、巻き返えそうとすることができるからです。

面接での採用サインを見抜くコツ1,合否の結果を電話で連絡すると言う

cc-library010011048

面接の結果を電話で連絡するというのは、採用のサインであることが多いです。
一般的に不採用の場合はメールや書類を送り返すことで結果を連絡してくることがほとんどです。

一般的に不採用の場合はメールや書類を送り返す

だから面接の最後に、合否は電話でいついつまでに連絡すると言われたら、
それは「面接の途中で合格を決めたよ」というサインとなるのです。逆に言えばもし面接の最後にメールで連絡すると言われたら、
そこからなんとか巻き返せるように逆質問を浴びせるなどして工夫していかないとなりませんね。

面接での採用サインを見抜くコツ2,時計を気にしない

面接中に時間を気にされるというのは不採用のサインだと言えます。
ということは逆に、面接中に時計をほとんどみず時間を気にせず話をしてくれるというのは、採用のサインだと言えるのです。

面接官の目を見ることで印象づける効果がある+採用のサインも分かる

時計を気にするというのは早く終わらないかなぁという思いの現れで、時計を気にしないというのは興味を持っていることのあらわれです。
時計を気にしているかいないかを見抜くためには、面接中にきちんと面接官の目を見ている必要があります。
目を見ることには自分を印象づけるという効果もありますから、
ただそうして採用不採用のサインを見抜くというだけでなく、一石二鳥だと言えますね。

面接での採用サインを見抜くコツ3,具体的な仕事内容を改めて説明される

“面接の途中であらためて具体的な仕事内容の質問がある場合、それは採用のサインだと思っていいでしょう。
基本的にそんなことはこちらで調べているのが常識ですが、それでも改めて丁寧に説明してくれるというのは、
よりこちらの仕事を理解してもらい、一緒に働いてもらいたいという意思のあらわれです。
それはまさに採用のサインと言えますよね。

面接にその業務を担当する社員が参加してくるのも採用のサイン!?

その説明をするためだけに、面接にその業務を担当している人が後から参加したりしたらさらに採用である確率は高まります。
より詳しいものから説明させようと思うくらいに魅力的な人物だったということなのでしょう。それは採用のサインだと思ってまず問題ないです。

面接での採用サインを見抜くコツ4,次の選考の日程を聞かれる

選考の進行は、結果が出てから次の選考の日を決めるのが定石です。しかし、この学生は採用したいと思うと、選考の日程の間隔が短くどんどん進行していきます。面接の最後に日程を聞かれたりするケースもあるので、他の企業よりも選考スピードが速いなと感じたら、合格のサインです。

熱が冷めないうちに選考を進めていきたい

選考の間隔が短いのにはそれなりの理由が背景にあります。学生の熱が冷めないうちに選考を行っておきたいのです。近年では、内定辞退が後を絶たなく、企業も頭を悩ましている問題です。そのため、入社意欲をさえさせずに選考を終え、内定を確保したい魂胆があります。

採用活動を早められる企業にとっても、内定を早くもらえる学生にとっても、選考の間隔が短いのは大きなメリットなのです。

面接での採用サインを見抜くコツ5,話が盛り上がった

どのような雰囲気で面接を終えたかでも、合格率がおおよそ予想できます。暗い雰囲気、面接官があきらかに興味を示さなかったいう時は、不合格フラグが立っていると判断できます。
しかし、その逆に思いのほか話が盛り上がり、会話のキャッチボールができた場合は、脈ありです。

共通の話題を探し出すようにしよう

話が盛り上がる瞬間というのは、心が通い合う瞬間とも言えます。そうなる確率が高いのは、共通の話の時です。出身地、出身大学、趣味など何か同じ体験をしていると様々な話ができます。
しかし、その共通の話題が見つからない時もあるものです。そんな時は、面接中に探すほかありません。趣味を話すときに「私は○○が趣味なのですが、○○さんは行ったことがありますか?」など聞いてみるといいでしょう。そこで反応がなければ、共通の話題としてはふさわしくないと判断できるようになります。
このように、面接官に確認をしつつ共通の話題を探していくといいでしょう。しかし、これはかなり高度な技を要求されるので、面接に慣れていないうちは行わない方が得策です。

面接での採用サインを見極めるコツは面接官の態度をよく観察すること

以上、就活の面接での採用のサインのご紹介でした。
面接中にこうした採用のサインがでないのであれば、最後に盛り返すしかありません。
面接は最後の印象がすごく大切だったりしますから、もしこうした採用のサインが途中に出ないからって、その時点で終わりではありません。

最後の質問や退室時の声量、最後の質問後の「多くの面接でお疲れの中、時間を頂きありがとうございました。」という
ちょっとした配慮の一言などで評価は盛り返すことができる。
ですから、もしここで紹介してきたサインが見られないからといって、諦めないようにしてください。
もちろんサインが現れた方も最後まで油断しなようにしましょう。